SEARCH


ARTISTS


アルバム検索


人気のレビュー


RSS


ARCHIVES


>
タグ: カンタベリー

カンタベリー特集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

投稿者: -----------

DAVE STEWART & BARBARA GASKIN / Green and Blue

DAVE STEWART & BARBARA GASKIN / Green and Blue 2009 UK
デイヴ・スチュワート(Key)とバーバラ・ガスキン(Vo)によるユニットの18年ぶりとなる3rdアルバムGreen and Blueのレビュー。

DAVE STEWART & BARBARA GASKIN / Green and Blue1. Jupiter Rising
2. Walnut Tree Walk
3. Let Me Sleep Tonight
4. Good Morning Good Morning
5. Green & Blue
6. Any Guru
7. Bed of Leaves
8. Rat Circus
9. The Sweetwater Sea



デイヴ・スチュワート独特のテイストは健在


60's~70'sのカヴァー路線だった過去2作と違い、BEATLESのカヴァー#4を除いて全てオリジナル。
いきなりハード・ポップな#1で幕を開け一瞬耳を疑うも、捻ったコード進行や細かいアレンジはかつてHATFIELD AND THE NORTH やNATIONAL HEALTH 、はたまたBRUFORD 等で音楽的イニシアチヴを発揮していたデイヴ・スチュワートらしいセンスを感じさせるし、バーバラ・ガスキンの少々しゃくるような独特の歌唱も健在。

とはいえやはり本領は、#2,#3,#5のような落ち着いたコンテンポラリーナンバー。
決してメインストリームでは無いものの、キャッチーで且つジャジーでアダルトな質感は、こういったムーディな曲調でこそ活きる。バーバラ・ガスキンの美声も、弾けるポップなナンバーでは少々無理っぽいが、この手の曲では楽曲に溶け込んで瑞々しさを発揮。
デイヴ・スチュワートのプレイは最新デジタル・シンセによるバッキングが中心だが、時折登場するファズ・オルガンやユーモアのあるフレーズに往年の片鱗も。


DAVE STEWART & BARBARA GASKIN / Green and Blueをアマゾンで買う

フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: プログレ  イギリス  2000年代  女性ボーカル  カンタベリー 

 

投稿者: 2014-05-20-Tue

CARAVAN / For Girls Who Grow Plump in the Night

CARAVAN / For Girls Who Grow Plump in the Night 1973 UK
CARAVAN / For Girls Who Grow Plump in the Night1. Memory Lain, Hugh / Headloss
2. Hoedown
3. Surprise, Surprise
4. C'thlu Tmu
5. The Dog, The Dog, He's At It Again
6. Be Alright/Chance of A Lifetime
7. L'Auberge Du Sanglier / A Hunting We Shall Go / Pengola / Backwards / A Hunting We Shall Go(Reprise)


カンタベリーの名バンドCARAVANの5thアルバムFor Girls Who Grow Plump in the Night。
デイヴ・シンクレア(Key)が復帰したものの、作曲・歌唱の一翼を担っていたリチャード・シンクレア(B/Vo)が脱退し、ほぼ全曲を書き上げたパイ・ヘイスティングス(G/Vo)のまさに独壇場。前作のジャズ・テイストはかなり後退し、クールでキャッチーなポップ・テイストが爆発しております。しかし、単に軽いだけのポップに陥らないのがCARAVANの凄い所。従来のオルガンに加え、当時最先端のARPやDAVOLI等シンセサイザーが随所に導入されフックとなりながらも、一方では新加入したピーター・ジェフリー・リチャードソン(Viola)のヴィオラがオーガニックな気品をプラスしバランスを取ってる感じです。
ギター・リフがリードするソリッドなポップ・ロックに管楽器隊をバックにしたフルートの叙情パートが融合した前半と、サビの一瞬の叙情が堪らないシャッフル・ナンバーによる組曲#1。7拍子をセンス良く料理した、ギターのハギレ良いカッティングによるポップ・チューン#2。くすんだエレピとリチャード・コフラン(Dr)の軽快なフィルが印象的で爽やかに仕上がった#3。ミステリアスなリフに乗った#4。シンセとヴィオラが巧く溶け合って、優しいムードを醸し出すメロディアスな#5。エレクトリック・チェロのリフがリードする前半とコンガに乗ったムーディな後半からなる組曲#6。そして前作でも試みられたオーケストラの導入をより進めた#7では、英国ロックではお馴染みのマーティン・フォード指揮のオーケストラとバンドが融合し、シンフォニックでドラマティックなサウンドを完成させております。

アマゾンで買う


フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: プログレ  カンタベリー  イギリス  1970年代  変拍子  シンフォニック 

 

投稿者: 2010-03-03-Wed

ROBERT WYATT / Rock Bottom

ROBERT WYATT / Rock Bottom 1974 UK
ROBERT WYATT / Rock Bottom1. Sea Song
2. Last Straw
3. Little Red Riding Hood Hit the Road
4. Alifib
5. Alife
6. Little Red Robin Hood Hit the Road



飲酒しての落下事故による脊髄損傷で下半身不随となってしまったロバート・ワイアット(Vo/Key/G)の2ndソロ。
リチャード・シンクレア(B)、ヒュー・ホッパー(B)、フレッド・フリス(Viola)など、カンタベリー系ミュージシャンの協力を得て制作されております。繊細な歌声が静謐な叙情を醸し出すボーカル・ナンバー#1、#2。トランペットを中心としたサウンドスケープにメロディアスなボーカル・メロディが乗る、アヴァンギャルドでいながらキャッチーでもある#3。彼を支えた愛妻アルフィーに捧げた#4、#5。フレッド・フリスのヴィオラが印象的なアヴァンギャルドでシンフォニックな#6。
ドラマーとしてユーモア感覚のあるジャズ・ロックを目指したSOFT MACHINEやMATCHING MOLEとは異なり、ボーカリストとして、よりトータル的な音楽表現を始めた転機となったアルバムです。
ROBERT WYATTの作品レビュー


アマゾンで買う



プログレやHR/HM(ハード・ロック/ヘヴィ・メタル)のレビュー ☆千一夜☆の深い森

TOPページへ



フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: プログレ  ジャズ・ロック  カンタベリー  イギリス  1970年代 

 

投稿者: 2010-03-01-Mon

GILGAMESH / Gilgamesh

GILGAMESH / Gilgamesh 1975 UK
GILGAMESH / Gilgamesh1. One and More/Phil's Little Dance-For Phil Millers Trousers/Worlds of Zin
2. Lady and Friend
3. Notwithstanding
4. Arriving Twice
5. Island of Rhodes/Paper Boat/As If Your Eyes Were Open
6. For Absent Friends
7. We Are All/Someone Else's Food/Jamo and Other Boating disasters-from the holiday of the same name
8. Just C


後にHATFIELD AND THE NORTHとの混成バンドNATIONAL HEALTHに発展するカンタベリー・ミュージックのバンドGILGAMESH。アラン・ガウエン(Key)を中心にジャズ方面のメンツで構成された為か、難解な音使いや延々と続くアドリブがジャケットのPOPなイメージとは裏腹にとっつきにくさ100倍なアルバム。
しかし、そこはデイヴ・スチュワート(Key)のプロデュース力とアマンダ・パーソンズ(Vo)の美声というHATFIELD組の活躍でロックな耳にも耐えうる大衆性を確保しております。
エレピとアコギによる美しいメロディにまろやかなムーグが絡む#4、フィル・リー(G)による優しいアコギのソロ#6などでホッとする瞬間もあり、難解なジャズ・ロックに対峙する聴き手の集中力を保ってくれてます。各パートのプレイが上手過ぎて逆にクールに過ぎ去っていく中・長尺曲#1、#5では困惑する場面もあったりしますが、8分弱の#7は別。比較的明快な変拍子メイン・テーマとアドリブ・パートの線引きがはっきりしており、スリリングな演奏を余裕で楽しめます。終盤のアマンダ・パーソンズによるコーラス部分におけるバンド・サウンドの質感はHATFIELDやNATIONAL HEALTHそのものです。
GILGAMESHの作品レビュー
アマゾンで買う


プログレやHR/HM(ハード・ロック/ヘヴィ・メタル)のレビュー ☆千一夜☆の深い森

TOPページへ



フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: プログレ  女性ボーカル  カンタベリー  イギリス  1970年代  変拍子 

 

投稿者: 2010-01-22-Fri

CARAVAN / Waterloo Lily

CARAVAN / Waterloo Lily 1972 UK
CARAVAN / Waterloo Lily1. Waterloo Lily
2. Nothing At All / It's Coming Soon / Nothing At All
3. Songs & Signs
4. Aristocracy
5. The Love In Your Eye / To Catch Me A Brother / Subsultus / Debouchement / Tilbury Kecks
6. The World Is Yours


カンタベリーの名バンドCARAVANの4thアルバムWaterloo Lily。
脱退したデイヴ・シンクレアの後任に、ピアノが得意なスティーヴ・ミラー(P/Org)が加入。#5後半のソロをはじめ、随所にエレピによる洒落たプレイを聴かせています。
そのスティーブ・ミラーが前任者を彷彿させるファズ・オルガンのソロを披露する、リチャード・シンクレア(B/Vo)がボーカルを取る#1。グルーヴィなインプロビゼーション主体の前後半パートに挿入された、中間部のピアノによるジャジーなプレイがアクセントとなったインストゥルメント・ナンバー#2。お得意の牧歌的とも言えるボーカル・メロディが仄かにジャジーなインスト部と融合したCARAVANならではのナンバー#3。リチャード・シンクレアのメロディアスなベースが印象的なキャッチーなボーカル・ナンバー#4。この#3、#4ではパイ・ヘイスティングス(G/Vo)のジェントルなボーカルがPOPな曲調をより引き立てています。ストリング・セクションを取り入れた組曲#5の美しい叙情ナンバーThe Love In Your Eyeではオーボエの物悲しい響きが胸を打ちます。続くインプロビゼーション・パートのTo Catch Me A Brotherでは、ゲストのジミー・ヘイスティングスによるフルートのメロディアスかつテンションの高いソロが圧巻です。ラストの#6もヘイスティングスの優しいボーカルが映えるキャッチーなナンバー。
次作でまたもやメンバー・チェンジが起こる為結果的に今作のみの編成で制作されたアルバムですが、従来のCARAVANらしさを継承しつつも、#5の実験的な試みに前進する意欲も感じさせる作品となっています。

アマゾンで買う

フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: プログレ  カンタベリー  ジャズ・ロック  イギリス  1970年代  シンフォニック 

 

投稿者: 2010-01-09-Sat

BRUFORD / Gradually Going Tornado

BRUFORD / Gradually Going Tornado 1980 UK
BRUFORD / Gradually Going Tornado1. Age of Information
2. Gothic 17
3. Joe Frazier
4. Q.E.D.
5. Sliding Floor
6. Palewell Park
7. Plans for J.D.
8. Land's End


ビル・ブラッフォード(Dr)のジャズ・ロック・バンドBRUFORDの2ndアルバムGradually Going Tornado。
脱退したアラン・ホールズワースの後任として、”無名の”ジョン・クラーク(G)が加入。前任者ほどの変態度は無いものの、なかなかテクニカルなプレイを披露しております。5曲の作曲を手がけるサウンドのキーマン、デイヴ・スチュワート(Key)は時代を背景にしたシンセによるバッキング・プレイにますますプロデューサー的才能を発揮。ジェフ・バーリン(B/Vo)のヘタウマ・ボーカルを中心にトリッキーなリズムをあしらったPOPな#1や#5などの歌モノでアレンジの冴えを見せています。また、フレットレス・ベースのメロディアスなプレイが光る#3でのHATFIELD AND THE NORTH当時とはまた違った質感の歪みトーンによるアグレッシブなプレイや、音使いがHATFIELD・NATIONAL HEALTH時代を彷彿させる#4などオルガン・ソロでも相変わらずセンスの良いプレイを聴かせています。そして、本アルバムのハイライトは何といってもバーバラ・ガスキン(Vo)、アマンダ・パーソンズ(Vo)が参加した#8。全体的にフュージョンっぽい印象の本アルバムではありますが、ノーセッツの2人による洒落た美声コーラスやNATIONAL HEALTHの楽曲 The Bryden 2-Stepのフレーズが飛び出したりと、HATFIELD・NATIONAL HEALTHのテイストが程よく溶け込んでカンタベリー風味いっぱいに仕上がっています。


アマゾンで買う



フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: プログレ  女性ボーカル  ジャズ・ロック  カンタベリー  イギリス  1980年代  変拍子  テクニカル 

 

投稿者: 2009-12-20-Sun

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。