SEARCH


ARTISTS


アルバム検索


人気のレビュー


RSS


ARCHIVES


>
タグ: ジャズ・ロック

ジャズ・ロック特集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

投稿者: -----------

TEMPEST / Living in Fear

TEMPESTの1974年2ndアルバムLiving in Fear。


TEMPEST / Living in Fear 1974 UK
TEMPEST / Living in Fear1. Funeral Empire
2. Paperback Writer
3. Stargazer
4. Dance to My Tune
5. Living in Fear
6. Yeah, Yeah, Yeah
7. Waiting for a Miracle
8. Turn Around



1stアルバムでギターを弾いていたアラン・ホールズワースに代わりオリー・ハルソール(G/Key/Vo)が参加。
ギターは勿論、ボーカルやキーボードをこなすオリー・ハルソールのもたらしたカラーなのか、よりストレートでキャッチーなハード・ロックを展開。
とはいえ、スライド・ギターによるオブリガードが印象的な#3をはじめ、印象的なリフ中心の楽曲構成の中で時折見せるジャズ風味のアレンジが新鮮。
ソロ時の存在感はアラン・ホールズワースの圧倒的な超絶変態プレイに到底及ばないが、オリー・ハルソールも十二分にテクニカルでスリリング。
各楽曲のキャラ立ちやアレンジの多彩さにタイトな演奏と、アルバムのトータルの出来としてはこちらが上かも。
ハード・ロックを極めたリーダーのジョン・ハイズマン(Dr)はTEMPESTを解散しCOLUSSEUM Ⅱを結成、再びジャズ・ロックを追及します。


TEMPEST / Living in Fearをアマゾンで買う

フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: プログレ  イギリス  1970年代  ジャズ・ロック 

 

投稿者: 2014-06-24-Tue

SYNDONE / Odysseas

キーボード、ヴィブラフォン、ボーカルの3人に、ゲストでマルコ・ミンネマン(Dr)、ジョン・ハケット(Fl)が参加した、イタリアのプログレッシブ・ロック・バンドSYNDONEの5thアルバムOdysseas。


SYNDONE / Odysseas 2014 ITALY
SYNDONE / Odysseas1. Invocazione Alla Musa
2. Il Tempo Che Non Ho
3. Focus
4. Penelope
5. Circe
6. Ade
7. Poseidon
8. Nemesis
9. La Grande Bouffe
10. Eros & Thanatos
11. Vento Avverso
12. Ελευθερια / Freedom
13. Daimones



7拍子のクールなジャズ・ロック風インストゥルメンタル・ナンバー#1。
アコギをバックにおおらかなボーカルをフィーチュアした地中海ムードから一転してクラシカルな叙情パートを内包する#2。
イアン・ギラン並みにシャウトするボーカル、リフをシンセで奏でるミスマッチ感がおもしろいブルーズ・ロック#3。
エキゾチックな妖しさと神秘的な美しさを持つピアノ・バラード#4。
発振と変調が強烈なシンセ・ソロをフィーチュア、各種キーボードが活躍する5拍子のジャズ・ロック小品5。
ストリングス・セクションが映画音楽のようなムードで迫るボーカル・パートとジャズ・ロックなインスト・パートからなる#6。
ダーティなオルガンがリードするインストゥルメンタル#7。
ポルタメントの効いたシンセ・ソロをフィーチュアした7拍子のリフにボーカルが乗った歌モノ#8。
静かな序盤から様々な展開でクールに燃えるインスト・パートに移行する#9。
ディストーション・ギターのようなシンセのパワーコードが鮮烈な#10。
#2のメイン・メロディを厳かにストリングス・セクションが奏でるイントロから、少々フェイクさせながら情感たっぷりに歌い上げるバラードへ展開する#11。
静かな中にもパーカッシブなヴィブラフォンによるソロ#12。
#2を引き継いだ地中海ムードにアルバムのラストならではの感傷的な叙情を加えた感動のエンディング曲#13。

ギターレスの編成で多彩なテイストをゴッタ煮でまとめあげた熱いアルバム。
この熱さと高度なテクニックに裏打ちされたタイトで緻密なアンサンブルは、暑苦しいボーカルも併せてイタリアン・プログレ正統といえる。


SYNDONE / Odysseasをアマゾンで買う

フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: プログレ  ヨーロッパ  ジャズ・ロック  2010年代 

 

投稿者: 2014-06-01-Sun

ROBERT WYATT / Rock Bottom

ROBERT WYATT / Rock Bottom 1974 UK
ROBERT WYATT / Rock Bottom1. Sea Song
2. Last Straw
3. Little Red Riding Hood Hit the Road
4. Alifib
5. Alife
6. Little Red Robin Hood Hit the Road



飲酒しての落下事故による脊髄損傷で下半身不随となってしまったロバート・ワイアット(Vo/Key/G)の2ndソロ。
リチャード・シンクレア(B)、ヒュー・ホッパー(B)、フレッド・フリス(Viola)など、カンタベリー系ミュージシャンの協力を得て制作されております。繊細な歌声が静謐な叙情を醸し出すボーカル・ナンバー#1、#2。トランペットを中心としたサウンドスケープにメロディアスなボーカル・メロディが乗る、アヴァンギャルドでいながらキャッチーでもある#3。彼を支えた愛妻アルフィーに捧げた#4、#5。フレッド・フリスのヴィオラが印象的なアヴァンギャルドでシンフォニックな#6。
ドラマーとしてユーモア感覚のあるジャズ・ロックを目指したSOFT MACHINEやMATCHING MOLEとは異なり、ボーカリストとして、よりトータル的な音楽表現を始めた転機となったアルバムです。
ROBERT WYATTの作品レビュー


アマゾンで買う



プログレやHR/HM(ハード・ロック/ヘヴィ・メタル)のレビュー ☆千一夜☆の深い森

TOPページへ



フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: プログレ  ジャズ・ロック  カンタベリー  イギリス  1970年代 

 

投稿者: 2010-03-01-Mon

CARAVAN / Waterloo Lily

CARAVAN / Waterloo Lily 1972 UK
CARAVAN / Waterloo Lily1. Waterloo Lily
2. Nothing At All / It's Coming Soon / Nothing At All
3. Songs & Signs
4. Aristocracy
5. The Love In Your Eye / To Catch Me A Brother / Subsultus / Debouchement / Tilbury Kecks
6. The World Is Yours


カンタベリーの名バンドCARAVANの4thアルバムWaterloo Lily。
脱退したデイヴ・シンクレアの後任に、ピアノが得意なスティーヴ・ミラー(P/Org)が加入。#5後半のソロをはじめ、随所にエレピによる洒落たプレイを聴かせています。
そのスティーブ・ミラーが前任者を彷彿させるファズ・オルガンのソロを披露する、リチャード・シンクレア(B/Vo)がボーカルを取る#1。グルーヴィなインプロビゼーション主体の前後半パートに挿入された、中間部のピアノによるジャジーなプレイがアクセントとなったインストゥルメント・ナンバー#2。お得意の牧歌的とも言えるボーカル・メロディが仄かにジャジーなインスト部と融合したCARAVANならではのナンバー#3。リチャード・シンクレアのメロディアスなベースが印象的なキャッチーなボーカル・ナンバー#4。この#3、#4ではパイ・ヘイスティングス(G/Vo)のジェントルなボーカルがPOPな曲調をより引き立てています。ストリング・セクションを取り入れた組曲#5の美しい叙情ナンバーThe Love In Your Eyeではオーボエの物悲しい響きが胸を打ちます。続くインプロビゼーション・パートのTo Catch Me A Brotherでは、ゲストのジミー・ヘイスティングスによるフルートのメロディアスかつテンションの高いソロが圧巻です。ラストの#6もヘイスティングスの優しいボーカルが映えるキャッチーなナンバー。
次作でまたもやメンバー・チェンジが起こる為結果的に今作のみの編成で制作されたアルバムですが、従来のCARAVANらしさを継承しつつも、#5の実験的な試みに前進する意欲も感じさせる作品となっています。

アマゾンで買う

フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: プログレ  カンタベリー  ジャズ・ロック  イギリス  1970年代  シンフォニック 

 

投稿者: 2010-01-09-Sat

BRUFORD / Gradually Going Tornado

BRUFORD / Gradually Going Tornado 1980 UK
BRUFORD / Gradually Going Tornado1. Age of Information
2. Gothic 17
3. Joe Frazier
4. Q.E.D.
5. Sliding Floor
6. Palewell Park
7. Plans for J.D.
8. Land's End


ビル・ブラッフォード(Dr)のジャズ・ロック・バンドBRUFORDの2ndアルバムGradually Going Tornado。
脱退したアラン・ホールズワースの後任として、”無名の”ジョン・クラーク(G)が加入。前任者ほどの変態度は無いものの、なかなかテクニカルなプレイを披露しております。5曲の作曲を手がけるサウンドのキーマン、デイヴ・スチュワート(Key)は時代を背景にしたシンセによるバッキング・プレイにますますプロデューサー的才能を発揮。ジェフ・バーリン(B/Vo)のヘタウマ・ボーカルを中心にトリッキーなリズムをあしらったPOPな#1や#5などの歌モノでアレンジの冴えを見せています。また、フレットレス・ベースのメロディアスなプレイが光る#3でのHATFIELD AND THE NORTH当時とはまた違った質感の歪みトーンによるアグレッシブなプレイや、音使いがHATFIELD・NATIONAL HEALTH時代を彷彿させる#4などオルガン・ソロでも相変わらずセンスの良いプレイを聴かせています。そして、本アルバムのハイライトは何といってもバーバラ・ガスキン(Vo)、アマンダ・パーソンズ(Vo)が参加した#8。全体的にフュージョンっぽい印象の本アルバムではありますが、ノーセッツの2人による洒落た美声コーラスやNATIONAL HEALTHの楽曲 The Bryden 2-Stepのフレーズが飛び出したりと、HATFIELD・NATIONAL HEALTHのテイストが程よく溶け込んでカンタベリー風味いっぱいに仕上がっています。


アマゾンで買う



フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: プログレ  女性ボーカル  ジャズ・ロック  カンタベリー  イギリス  1980年代  変拍子  テクニカル 

 

投稿者: 2009-12-20-Sun

MATCHING MOLE / Matching Mole

MATCHING MOLE / Matching Mole 1972 UK
MATCHING MOLE / Matching Mole1. O Caroline
2. Instant Pussy
3. Signed Curtain
4. Part of the Dance
5. Instant Kitten
6. Dedicated to Hugh, But You Weren't Listening
7. Beer as in Braindeer
8. Immediate Curtain


SOFT MACHINEを脱退したロバート・ワイアット(Dr/Vo)が元CARAVANのデイヴ・シンクレア(Org/P)、元DELIVERYのフィル・ミラー(G)、元QUIET SUNのビル・マコーミック(B)と結成したバンドの1st。メロトロンがリードする素朴で美しすぎるバラード#1から冒頭の3曲では構築された美を提示。一転してテーマ・メロディだけ設定して後はやりたい放題の#4、#3の続きのようなスキャットから始まりデイヴ・シンクレアのファズ・オルガンが唸る#5、SEのような導入部から怒涛のソロ・パートに突入する#6では、インプロビゼーションを盛り込んだスリリングなジャズ・ロックを展開。終盤は各楽器のノイズをSEのようにコラージュした(フリー・インプロビゼーション?)#7や、その流れのままメロトロンによる白玉即興で美しくも不穏かつスペイシーなムードを醸成する#8で実験的な試みも見せた野心作です。
MATCHING MOLEの作品レビュー


アマゾンで買う



プログレやHR/HM(ハード・ロック/ヘヴィ・メタル)のレビュー ☆千一夜☆の深い森

TOPページへ



フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: プログレ  メロトロン  ジャズ・ロック  カンタベリー  イギリス  1970年代 

 

投稿者: 2009-11-25-Wed

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。