SEARCH


ARTISTS


アルバム検索


人気のレビュー


RSS


ARCHIVES


>
タグ: ハード・ロック

ハード・ロック特集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

投稿者: -----------

ANNEKE VAN GIERSBERGEN / Drive

ANNEKE VAN GIERSBERGEN / Drive 2013 NETHERLANDS
アネク・ヴァン・ガースバーゲン(Vo)の、レーベルをInside Out Musicに移しての個人名表記第二弾アルバムDriveのレビュー。

ANNEKE VAN GIERSBERGEN / Drive1. We Live On
2. Treat Me Like a Lady
3. She
4. Drive
5. My Mother Said
6. Forgive Me
7. You Will Never Change
8. Mental Jungle
9. Shooting For the Stars
10. The Best Is Yet to Come


壮大なギター・ロックで華々しくアルバムの幕を開ける#1。少々落ち着いたヴァースとサビの艶やかな歌唱とのレンジの広さで早くもアネクの魅力が全開。
コケティッシュな序盤から派手にシンバルを打ち鳴らすサビまで徐々に盛り上がる、様々な表情を見せる歌唱が楽しめる#2。
ダニエル・ギブソンなる人物が作曲した#3。これも、バラード調の序盤とロックなサビのダイナミックな起伏が見事。
クリアな歌唱パートを挿入しつつも、少々ダーティにロックな歌唱を聴かせるアルバムタイトル・チューン#4。
ソロ初期の内省的なムードを漂わせたアネクの持ち味の一つであるピュアな美声にフォーカスしたバラード#5。
ヨーロッパ的な叙情を含むロック・チューン#6。
小気味良いリズムに乗せたヴァースが印象的な#7。
Hayko Cepkinなるトルコ人シンガーが唸るエスニックなメロディをフィーチュアした#8。
爽やかなサウンドにアネクの伸びやかな歌唱が乗るポップな#9。
サビ前のブレイクが堪らなくカッコ良い#10。

前作でのバンド形式ロック・スタイルをさらに推し進めつつも、よりキャッチーでポピュラリティを高めた作風。
各曲に必ず耳について離れない個性的で印象的なフックを用意。キャッチーさとギターがドライブするロックな要素が高次元で融合したソロ最高作。
本国オランダやヨーロッパでの評価は良く解らないが、メインストリームでも十分に勝負できるクオリティを持っていると思う。CMとか映画とか、何かのタイアップ的なものがあれば全世界的なブレイクも可能では無いか?

ソロ転向直後の模索段階を経て、いよいよ本格的にシンガーとしての能力を全開放。 GATHERING脱退はショックだったが、もはやそれも過去の出来事。 この才能を単なるゴシック・メタルの枠組みだけに留め置かないで本当に良かったと思える出来。。
ANNEKE VAN GIERSBERGENのレビュー へ


アマゾンで買う

フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: 2010年代  女性ボーカル  ハード・ロック 

 

投稿者: 2014-03-21-Fri

BLACK SABBATH / 13

BLACK SABBATH / 13 2013 UK
BLACK SABBATHの19thアルバム13のレビュー。

BLACK SABBATH / 131. End of the Beginning
2. God Is Dead?
3. Loner
4. Zeitgeist
5. Age of Reason
6. Live Forever
7. Damaged Soul
8. Dear Father


ビル・ワード以外のオリジナルメンバー、トニー・アイオミ(G)、オジー・オズボーン(Vo)、ギーザー・バトラー(B)に加え、RAGE AGAINST THE MACHINEのブラッド・ウィルク(Dr)でレコーディング。

リフマスター トニー・アイオミ自らが開拓し、フォロワー達によって模倣、拡大再生産されてきたリフの荒野にもはや未開地は残されていないようだ。
拍子やテンポチェンジによる展開の妙は健在ながら、往時のような破天荒な意外性も粗削りなやりっ放し感も無く、全て予定調和の範囲内。
最初とは全く別の惑星に着いたかのような唐突さこそ、彼らの魅力であり他のバンドと一線を画するユニーク性だと信じる自分にとって寂しい部分も。
また、長年の恩讐を乗り越えたリユニオンの背景に透けて見える、シャロンやレコード会社のドライなビジネス的計算などもチラつく。
でも多分本人達は純粋に楽しんだんだろう。
名曲にして全ての始まりでもある1stアルバム収録のBlack Sabbathの再解釈を試みたかのような#1、出自を物語るブルースハープがイカす#7など、ミュージシャンとしてどころか、人生そのものも最後の曲がり角を迎えた彼らが、青春時代を取り戻したような無垢な輝きを垣間見せてくれるのが唯一の救いだ。

アルバム最後を飾る鐘の音に込められたメッセージは何か。
誰しもが、これで最後だと感じるだろう。
でも、オジーにはNo More Tearsリリース後のフェアウェルツアーで一度騙されたからな。
多分、次もあるだろう(笑)


アマゾンで買う

フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: イギリス  2010年代  ハード・ロック  ヘヴィ・メタル 

 

投稿者: 2013-06-20-Thu

Anneke van Giersbergen / Everything Is Changing

Anneke van Giersbergen / Everything Is Changing 2012 Netherlands
Anneke van Giersbergen / Everything Is Changing1. Feel Alive
2. You Want to Be Free
3. Everything Is Changing
4. Take Me Home
5. I Wake Up
6. Circles
7. My Boy
8. Stay
9. Hope, Pray, Dance, Play
10. Slow Me Down
11. Too Late
12. 1000 Miles Away from You


アネク・ヴァン・ガースバーゲンの4thアルバム Everything Is Changing。

ゴシック・メタル・バンドTHE GATHERING脱退後、バンド名義 Agua de Anniqueで活動。バンド名表記はAnneke van Giersbergen with Agua de Annique、さらにAnneke van Giersbergen & Agua de Anniqueと変遷し、遂にAgua de Anniqueを外して個人名での新作。全面的に押し出したゴージャスなルックスといい(昔は地味な赤毛だっと思いますが・・・)、心境の変化なのか営業的メリットなのかは不明ながら、久々に胸のすくメジャー感溢れるロックなアルバムに仕上がっております。これは売れるでしょう。

サビの歌唱とヘヴィネスにゴシックな薫り漂う#8など今となっては意外な曲調もありますが、ほとんどの楽曲が程よくキャッチー&ヘヴィなハード・ポップでコンパクトに5分以内に収まっています。しかも、それでいてドラマティック。シンセや部分的に挿入されたエレクトロニカなブレイク・ビーツが現代的ヨーロピアンなムードを付加し厚みのあるサウンドに。そのオケに溶け込みつつもしっかり前に出るアネクの声質は天性のものかも知れないが相変わらずの素晴らしさ。
メロディの質そのものには以前とあまり変化を感じないので、やはりこれはアレンジの勝利でしょう。
GATHERING在籍末期~ソロ初期のオーガニック&内省的でシンプルなボーカル曲路線もアーティストの成長という面では理解できても、少々物足りなかったのも事実。
#2、#4、#10などの轟音ギターがドライヴィングするキャッチーなハード・ポップでの元気なキュートさ。
シリアスなバラード#3、#6での絹のような繊細さ。
エモーショナルな#7、#8。
などなど、様々な表情のボーカルがたっぷり楽しめるメジャー感溢れるロックなテイストでこそ、アネクの個性は活きると思います。
ANNEKE VAN GIERSBERGEN のレビュー


アマゾンで買う



プログレやHR/HM(ハード・ロック/ヘヴィ・メタル)のレビュー ☆千一夜☆の深い森



フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: 2010年代  女性ボーカル  ハード・ロック  ヨーロッパ 

 

投稿者: 2012-08-05-Sun

LED ZEPPELIN / In Through The Out Door

LED ZEPPELIN / In Through The Out Door 1979 UK
LED ZEPPELINの8thアルバムIn Through The Out Door。
1977年のツアー中にロバート・プラント(Vo)が息子を失ったことから、バンドは活動を休止。その為、久々のニューアルバムとなったこと、外袋に入れられて中身が見えない6種類のデザイン違いジャケットなどが話題となった。
LED ZEPPELIN / In Through The Out Door1. In the Evening
2. South Bound Saurez
3. Fool in the Rain
4. Hot Dog
5. Carouselambra
6. All My Love
7. I'm Gonna Crawl


エキゾチックなイントロを持つ王者の威厳を感じさせるハード・ロック#1。
ピアノがリードするブギ#2。
テンポアップしてのサンバ・パートを内包する、ゆったりとスウィングする#3。
ジミー・ペイジ(G)の拙いピッキングに衰えを感じるカントリー調の#4。
分厚いシンセのリフがリードする2部構成のテクノ調ハード・ロック#5。
ロバート・プラントの亡き息子に捧げられた、シンセ・ソロが印象的な美しいバラード#6。
ロバート・プラントのソウルフルな歌唱が感動的なブルーズ#7。

ジミー・ペイジとジョン・ポール・ジョーンズ(B/Key)の作曲関与が5:6と、ヤマハのポリフォニック・シンセGX-1を操るジョン・ポール・ジョーンズが主導権を握ったアルバム。
従来にない多様な音楽性の楽曲群に、パンク後の80年代を迎えるにあたってバンドが音楽的方向性を試行錯誤していた様子が伺える。
しかし、1980年9月25日にジョン・ボーナム(Dr)が急逝。ドラマー補充によるバンド継続を望まないメンバーの意向によりLED ZEPPELINは終焉を迎える。
デザインはヒプノシス。


LED ZEPPELIN / In Through The Out Doorをアマゾンで買う

フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: イギリス  1970年代  ハード・ロック 

 

投稿者: 2012-01-01-Sun

BLACK SABBATH / Born Again

BLACK SABBATH / Born Again 1983 UK
BLACK SABBATH / Born Again1. Trashed
2. Stonehenge
3. Disturbing the Priest
4. Dark
5. Zero the Hero
6. Digital Bitch
7. Born Again
8. Hot Line
9. Keep It Warm


BLACK SABBATHのスタジオ11thアルバムBorn Again。
Mob Rulesに伴うツアーを最後にロニー・ジェイムズ・ディオ(Vo)、ヴィニー・アピス(Dr)が脱退、バンドは解散の危機に追い込まれます。ところが、トニー・アイオミ(G)がソロとして制作中だったアルバムにオリジナル・メンバーのビル・ワード(Dr)とボーカルには何とイアン・ギラン(Vo)が参加。
事ここに及んで、レコード会社の圧力でBLACK SABBATH名義でのリリースとなった本作。
不気味でナイスなジャケット・アートは医療雑誌からインスパイアされたというか正直パクったみたいです。


SABBATHの典型的パターンのひとつである疾走する爆音リフに、イアン・ギランらしいスクリームが加わり新鮮なイメージとなった#1。
重く陰鬱なリフとパワフルなボーカルが融合した#5。
イアン・ギランの歌い回しによりSABBATH版Highway Starみたいになった#6。
沈み込む暗鬱バラード・パートから一転してヘヴィに突き抜ける場面転換でスクリームを活かした#7。
リフ・マスター トニー・アイオミらしいソリッドなリフ・・・なんだけど、聴き様によってはSABBATH版Smoke on the Waterみたいな#8。
等々、オリジナル・メンバーがやっている事は従来通りなのにもかかわらず、オジー期のドゥームともロニー期の様式美とも違った、イアン・ギランならではのストレートなテイストが前面に出たBLACK SABBATHが味わえます。
不気味なリフに乗せた悪魔の笑い声がおどろおどろしくならず元気な高笑いになってしまった#3、みたいなミスマッチも今となってはHR/HM史に残る貴重な資産。

gillan.jpg



アマゾンで買う


フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: ハード・ロック  ヘヴィ・メタル  イギリス  1980年代 

 

投稿者: 2011-10-18-Tue

THE GATHERING / The West Pole

THE GATHERING / The West Pole 2009 Netherlands
THE GATHERING / The West Pole1.When Trust Becomes Sound
2.Treasure
3.All You Are
4.The West Pole
5.No Bird Call
6.Capital Of Nowhere
7.You Promised Me A Symphony
8.Pale Traces
9.No One Spoke
10.Constant Run


オランダのオルタナティブ/アンビエント・バンドTHE GATHERINGの9thアルバムThe West Pole。
2007年に歌姫アネク・ヴァン・ガースヴァーゲンの脱退がアナウンスされた時は正直GATHERINGも終わったと思ったが、やってくれました。ノルウェー人の女性ヴォーカリストSilje Wergelandが新加入。デス・メタル~ゴシック・メタル~エレクトロニカと変遷し、オーガニックで普遍的なロックに辿り着いたアネク在籍ラスト作となった前作Home の音楽性そのままに、アネク同様にクリア且つ滑らかに歌いこなす力量で不安を一掃。素晴らしい出来映えとなりました。ゲストで#6にオランダのフォーク・シンガーAnne van den Hoogen嬢が天使のような歌声を、#8ではオランダのゴシック・メタルバンドSTREAM OF PASSIONのシンガーMarcela Bovio嬢が負けじと透明感ある伸びやかな歌唱を聴かせています。これらゲスト陣の参加が、アルバムのアクセントともなっています。特に#6は、ダブル・トラッキングされたウィスパー気味のヴォーカルが時にユニゾンで浮遊感を、そして時にハーモニーで美しく迫る英国トラッド風な新機軸で、個人的に今年のエンジェリック女性ヴォーカルNo.1ですね。
アルバム全体としては、ライブ A Noise Severe で示したようにGATHERINGがもはや所謂ゴシック・メタルでないのは明白ながら、メタル期に示していた独特の寂寥感が、ツーバス連打やディストーション・ギターというヘヴィな装飾が無くなって逆に露になっただけで芯は変わっていないという印象そのままのサウンドで今作も貫かれています。Homeでも感じましたが、又ハード・ロックに戻ってきているような感触もうれしいです。


アマゾンで買う


フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: ハード・ロック  女性ボーカル  ヘヴィ・メタル  ヨーロッパ  2000年代 

 

投稿者: 2011-09-30-Fri

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。