SEARCH


ARTISTS


アルバム検索


人気のレビュー


RSS


ARCHIVES


>

GENTLE GIANTのレビュー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

投稿者: -----------

GENTLE GIANT / Three Friends

GENTLE GIANT / Three Friends 1972 UK
GENTLE GIANT / Three Friends1. Prologue
2. Schooldays
3. Working All Day
4. Peel the Paint
5. Mister Class and Quality?
6. Three Friends


英国の超絶変態プログレ・バンドGENTLE GIANTの3rd。
3人の友人が大人になって別々の道を歩む・・・というコンセプト作品。印象的なリフレインが各種楽器で目まぐるしく奏でられる重厚でスリリングなインストパートと、ソフトなヴォーカルや完璧なコーラスからなるヴォーカルパートのコントラストにハッとする#1から、早くも微細にメロディが編みこまれた独自の世界が展開されてます。 #2では、やまびこのような左右ヴォーカルとハイを抑えたエレピが弾むように、それでいて淡々と進行する静かな前半から打って変わってメロトロン&ピアノによるミステリアスな後半が、流転する3人の人生を予見するような雰囲気を感じさせます。7拍子に乗るヴィブラフォンのソロもテクニカルな音使いながら、複雑さを感じさせないのがさすが。導入部のギターフレーズが徐々にチューニングダウンされて、ブラスによるヘヴィなグルーヴに変化する#3はオルガン・ソロが聴きモノですね。そして、ヴァイオリンがアクセントとなっている#4は後半のギター、オルガン、ブラス等によるヘヴィなユニゾン・リフからインテンスな弾きまくりギター・ソロへの怒涛の展開がこれまた熱いです。続く#5はパーカッシブなオルガンと軽快なヴァイオリンがリード。ユーモラスなメロディによるアンサンブルも挿入されていますが、実はメロディと音色が複雑に絡み合う多層構造なんですね。そしてメドレー的に#6になだれ込み、突如シンフォニックにオルガンが鳴り響き大団円を迎えます。勿論その間もギター等は複雑なメロディを紡ぎ、サウンドの底辺を支えております。全編わりと淡々と進行するのでサクッと聴けちゃいますが、実は良く聴くとこの構築度は他に類を見ないマニアックさで聴く度に発見があります。
GENTLE GIANTの作品レビュー


アマゾンで買う



プログレやHR/HM(ハード・ロック/ヘヴィ・メタル)のレビュー ☆千一夜☆の深い森

TOPページへ


フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: プログレ  メロトロン  イギリス  1970年代  変拍子 

 

投稿者: 2009-10-27-Tue

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。