SEARCH


ARTISTS


アルバム検索


人気のレビュー


RSS


ARCHIVES


>

JUDY DYBLEのレビュー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

投稿者: -----------

JUDY DYBLE / Talking with Strangers

JUDY DYBLE / Talking with Strangers 2009 UK
JUDY DYBLE / Talking with Strangers1. Neverknowing
2. Jazzbirds
3. C'est La Vie
4. Talking with Strangers
5. Dreamtime
6. Grey October Day
7. Harpsong


FAIRPORT CONVENTIONの初代ボーカリストにしてKING CRIMSON胎動期にも参加していた女性シンガー ジュディ・ダイブル(Vo)の4thソロ。アコースティック楽器を中心にしたアンサンブルに贅沢なコーラスを加えたオーガニックなサウンドでコンテンポラリーな叙情フォークを展開。ロバート・フリップ(G)、イアン・マクドナルド(Sax/Fl)、サイモン・ニコル(G)などCRIMSON、FAIRPORT人脈の他、PENTANGLEのジャッキー・マクシー、TREESのセリア・ハンフリーズ、ALL ABOUT EVEのジュリアンヌ・リーガンといった名だたる歌姫達がバッキング・ボーカルで参加しております。
イントロ的にテーマ・メロディを提示して終了するアコースティック小曲#1。ジュディ・ダイブルが奏でるオート・ハープのかわいらしい音色がお伽噺のような曲調にマッチした叙情チューン#2ではイアン・マクドナルドが素晴らしいフルートのソロを披露。しっとりと歌い上げるEMERSON LAKE & PALMERのカバー#3。シンプルなピアノ伴奏に美しいボーカル・メロディが映える#4。オートハープとフルートが印象的なトラッド風郷愁を誘うフォーク#5。男女ボーカルの絡みと哀愁のSAXがジャジーで大人なムードを醸し出す#6。そして19分に及ぶ#7は総勢15名がレコーディングに参加、繊細なコーラスや各種楽器の音色がフィーチャーされたプログレッシブ・チューン。#1のテーマを軸に様々な発展形で構築されたボーカル・パートに混沌としたムードのインスト部が挿入され、ISLANDS期CRIMSONのような典雅な盛り上がりを経て最後は#1のメロディと印象的な吐息のようなコーラスがリプライズされ感動的に幕を引きます。聴く前はあんまり期待していませんでしたが、5回目くらいからはもう病みつき。一生付き合えるエバーグリーンな一枚です。
JUDY DYBLEの作品レビュー


アマゾンで買う



プログレやHR/HM(ハード・ロック/ヘヴィ・メタル)のレビュー ☆千一夜☆の深い森




フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: プログレ  女性ボーカル  フォーク  イギリス  2000年代  幻想的 

 

投稿者: 2009-12-12-Sat

JUDY DYBLE / Flow and Change

FAIRPORT CONVENTIONやTRADER HORNEで活躍した女性シンガー ジュディ・ダイブル(Vo)のソロ・アルバムFlow and Change


JUDY DYBLE / Flow and Change 2013 UK
JUDY DYBLE / Flow and Change 2013 UK1. Black Dog Dreams
2. Featherdancing
3. Beautiful Child
4. Crowbaby
5. Driftaway
6. Head Full of Stars
7. Silence
8. Letters
9. Wintersong
10. The Sisterhood of Ruralists


妖しさとドリーミーなムードの対比がおもしろい、SEやスライド・ギターが幽玄な空気を醸し出すフォーク・ロック#1。
管弦セクションがクラシカルで厳かな彩りを加える#2。
ストリングスとピアノのバックに控え目なボーカルが乗る、孫娘に捧げられたセンチメンタルなナンバー#3。
ダルシマーのシーケンス・フレーズからクリーンなエレキ・ギターのアルペジオに移行する、エレクトリック・フォークな趣きの#4。
弦楽セクションをバックにした穏やかなフォーク#5。
少量加えた翳りが心地良いフックとなっている、穏やかだが幾分ポップス寄りなジュリアンヌ・リーガンとの共作#6。
途中でドラムも加わるがパーカッション的なプレイで楽曲の世界観をキープしている、ピアノと弦楽セクションをバックにした静謐な#7。
オーボエが加わる終盤のインスト・パートではドラミングもプロレッシブなアプローチを見せる、男性ボーカルとのデュエットを聴かせるエレクトリック・フォーク#8。
ピアノと管弦セクションをバックにした端正なバラード#9。
アコギのパートにはトラッドの薫り漂う部分も見られる、管弦セクションとエレキ/アコギのギターが様々に表情を変えながらも静かに紡ぐ11分超の大作#10。

ジュディの儚げな美声が映える穏やかなフォーク・ロック


ロバート・フリップやイアン・マクドナルドらの参加で話題となった前作Talking with Strangersから4年ぶりのリリースとなるFlow and Change。
一部に混沌プログレ・パートも存在した前作から打って変わって、管弦を多用した格調高いアレンジがジュディ・ダイブルの儚げな歌声に絶妙にマッチした穏やかなフォーク・ロック。
地味ではあるが、時にはこういう音楽に安らぎを求めたい時もありますね。

Judy Dyble -The Sisterhood of Ruralists





JUDY DYBLE / Flow and Change 2013 UKをアマゾンで買う

フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: プログレ  女性ボーカル  フォーク  2010年代  イギリス 

 

投稿者: 2014-05-01-Thu

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。