SEARCH


ARTISTS


アルバム検索


人気のレビュー


RSS


ARCHIVES


>

LED ZEPPELINのレビュー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

投稿者: -----------

LED ZEPPELIN / Led Zeppelin

LED ZEPPELIN / Led Zeppelin 1969 UK
KING CRIMSON / In the Court of the Crimson King1. Good times bad times
2. Babe I'm Gonna Leave You
3. You Shook Me
4. Dazed and Confused
5. Your Time is Gonna Come
6. Black Mountain Side
7. Communication Breakdown
8. I can't Quit You Baby
9. How Many More Times


元YARDBIRDSのジミー・ペイジ(G)がブルーズやトラッド・フォークをヘヴィに演奏することをコンセプトに結成した英国のハード・ロック・バンドLED ZEPPELINの1969年1st。
既にセッションやアレンジャーとしても売れっ子のジョン・ポール・ジョーンズ(B、Key)とジミーのプロ組と、田舎のバンドでプレイしていたロバート・プラント(Vo)とジョン・ボーナム(Dr)の無名組という天才4人が奇跡的に集結。バスドラの驚異的なフレージングと8ビートでの3連系フィルが特にドラマーに対するインパクト大のキャッチーなヘヴィ・ロック#1。ロバートのハイトーン・ボーカルと激しいアレンジでトラッド・フォークをZEPPELIN風に翻案した#2。ウィリー・ディクソンのブルーズを超ヘヴィに演奏した#3,#8。ジョンジーのチャーチ・オルガンが活躍するメロウな#5。バート・ヤンシュのアイディアに基づいたジミーのアコギによるエキゾチックなインスト#6。その#6から間髪置かずにシンプル且つクールなリフが入る瞬間がカッコ良いストレートなハード・ロック#7。商売上手なジミーによってベスト盤が多数リリースされているZEPPELINですが、ここはアルバム単位で聴いて欲しいポイントですね。そしてジミーのボウイング(ヴァイオリンの弓でギターの弦を擦る特殊奏法)がミステリアスなムードを醸成するリフ・オリエンテッドなハード・ロック#9。とにかく全編に渡ってヘヴイかつテクニカルなジョンのドラミングがカッコ良いです。幅広い音楽的素養を自分達流に解釈する中で果たした彼の役割はとてつもなく大きいと思います。


アマゾンで買う

フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: ハード・ロック  イギリス  1960年代  名盤 

 

投稿者: 2009-09-21-Mon

LED ZEPPELIN / II

LED ZEPPELIN / II 1969 UK
LED1. Whole lotta love
2. What is and what should never be
3. Lemon song
4. Thank you
5. Heartbreaker
6. Livin' lovin' maid (she's just a woman)
7. Ramble on
8. Moby dick
9. Bring it on home


LED ZEPPELINの2nd。
単音リフの#1、#5、#8。ピックと指で弦またぎの複音リフを奏でる#3、#6、とギターリフの宝庫となっています。テルミン他SEを導入した中間部が有名な#1。静かで甘いムードと激しいハード・ロックが同居する#2。ヘヴィなブルーズからアップテンポしてのギター・ソロで緩急をつけた#3。ジョン・ポール・ジョーンズ(B/Key)の厳かで品の良いオルガンがサウンドのカラーを決定付けたキャッチーなエレクトリック・フォーク#4。ウィスパー・ヴォイスとシャウトで様々な表情を見せるロバート・プラント(Vo)の歌唱も見事です。ルバートした部分でジミー・ペイジ(G)がソロを弾きまくるリフ・オリエンテッドなハード・ロック#5。#5のエンディングから間髪置かずに続く流れがカッコ良いキャッチーなハード・ロック#6。パーカッションに乗った軽快な田園フォークからサビでハード・ロックに展開する#7。ジョンジーのマイルドなベースがシンコペーション、ランニングと大活躍してます。6弦をDに下げたヘヴィなリフからジョン・ボーナム(Dr)の奔放なドラム・ソロをフィーチャーした#8。ブルース・ハープを絡めたブルージーな序盤から一転してメタリックなリフがリードする#9。バンドとしてのスタイルを確立しつつも、各メンバーの力量と類い稀な個性の発揮でバリエーション豊かな曲想、曲展開を実現。時代の頂点を極めたハード・ロック アルバムです。


アマゾンで買う



フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: ハード・ロック  イギリス  1960年代  名盤 

 

投稿者: 2009-10-31-Sat

LED ZEPPELIN / Led Zeppelin III

LED ZEPPELIN / Led Zeppelin III 1970 UK
LED ZEPPELIN / Led Zeppelin Ⅲ1. Immigrant song
2. Friends
3. Celebration day
4. Since I've been loving you
5. Out on the tiles
6. Gallows pole
7. Tangerine
8. That's the way
9. Bron Y Aur stomp
10. Hats off to (Roy) Harper


LED ZEPPELINの3rd。
ロバート・プラント(Vo)のターザンのような雄叫びに、オクターブの単音のみとシンプルながらも血沸き肉踊るジミー・ペイジ(G)のリフが緊張感をもたらす#1。ジャングル・ビートをビッグに叩きつけるジョン・ボーナム(Dr)のドラミングやジョン・ポール・ジョーンズ(B)のサビでのドライブ感溢れるランニング・ベースも聴き所です。変則チューニングによるモーダルで奇妙なアコギのリフと不穏なストリングスが独特の世界観を醸し出している#2。軽快なスライド・ギターに乗ったキャッチーな#3。ジョンジーのオルガンとジミーの泣きのギターが印象的なブルーズ#4。リフが主導しつつトリッキーなリズムの仕掛けがフックとなったハード・ロック#5。細かくスウィングするジョン・ボーナムのドラムがドライブ感抜群です。そしてここからがアコースティック・サイド。マンドリンの響きがトラッドなテイストの#6。メロウでメロディアスな#7。清涼感あるアコギのカッティングと神秘的なムードのサビが良い感じの#8。リズムのトリックが耳から離れないアコギによるロックンロール#9。ロイ・ハーパーに敬意を表したスライド・ギターの#10。
アナログ時代はアコースティックなB面について賛否両論ありましたが、LED ZEPPELINの歴史を振り返る上では彼らの幅広い音楽性を象徴するアルバムとも言えるんではないでしょうか。又、それまでのブルーズに根ざしたものから一転して勇壮なヴァイキングを描いた#1の歌詞で、後年の「アキレス最後の戦い」あたりに通じる新機軸を打ち出しています。


アマゾンで買う



フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: ハード・ロック  フォーク  イギリス  1970年代  名盤  幻想的 

 

投稿者: 2009-11-23-Mon

LED ZEPPELIN / Led Zeppelin IV

LED ZEPPELIN / Led Zeppelin IV 1971 UK
LED ZEPPELIN / Led Zeppelin IV1. Black Dog
2. Rock 'n' Roll
3. Battle of Evermore
4. Stairway to Heaven
5. Misty Mountain Hop
6. Four Sticks
7. Going to California
8. When the Levee Breaks


LED ZEPPELINの4thアルバム、通称Four Simbols。
前作のフォーク路線が一部評論家からバッシングを浴びた事へのバンド側からの回答が、このタイトルもバンド・ロゴも無いジャケット・アート。先入観無しに、純粋に音楽で評価してくれ!ということだったようです。レコード内袋には#4の歌詞がプリントされ、メンバー各人を象徴したとされる謎の4つのシンボルが記載されていたことから、Four Simbolsとも呼ばれています。
トリッキーなリズムの捻りを加えたハード・ロック・ナンバー#1。ウラから入るジョン・ボーナム(Dr)のフィルが超有名な典型的ロックン・ロール・ナンバー#2という冒頭2曲でつかみはOK。サンディ・デニーをゲストに招いた神秘的なトラッド・フォーク#3。ライブではジョン・ポール・ジョーンズ(B)がトリプル・ネックのマンソン・ギター(俗称キングギドラ!?)で参戦するのも有名です。この#3から、フォークハード・ロックが有史以来最高の融合を果たす全人類のアンセム#4までの流れが最高ですね。ジミー・ペイジ(G)によるアコギとエレキをブレンドさせたアルペジオ、リコーダーの美しい響き、ドラムが入る瞬間の興奮、そしてロバート・プラント(Vo)の魂のシャウト。もう完璧ですね。感動の余韻に浸りながらレコードをひっくり返して臨む#5以降のアナログB面は、ジョン・ボーナムのアンビエント感いっぱいのビッグなドラムとリズムのトリックが楽しめる#5、#6、#8に加え、透き通るアコースティック曲#7でアクセントを付けた構成も素晴らしいです。
又、アルバム全編に漂う静かで冷たい感触が、このアルバムの一種独特なムードを醸し出しているんですよね。


アマゾンで買う



フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: 女性ボーカル  ハード・ロック  フォーク  イギリス  1970年代  名盤 

 

投稿者: 2010-02-22-Mon

LED ZEPPELIN / Houses of the Holy

LED ZEPPELIN / Houses of the Holy 1973 UK
LED ZEPPELIN / Houses of the Holy1. Song Remains the Same
2. Rain Song
3. Over the Hills and Far Away
4. Crunge
5. Dancing Days
6. D'Yer Mak'er
7. No Quarter
8. Ocean


LED ZEPPELINの5thアルバムHouses of the Holy。
前作「Ⅳ」で極めたからか、ケルト/トラッド風味は薄めでカラっとしたサウンド。でも各曲のキャラが立っている。元は#2の序曲として作られたという爽やかな疾走感が気持ち良い#1、メロトロンが静かな詩情を表現した#2、アコギ/エレキのアンサンブルが見事な#3、ノルにノレない変態ファンクが快感の#4、ZEPならではの変テコHRな#5、リラックスしたイイ感じのZEP風レゲエ#6(でもDrはBIGなサウンドでロックしてます)、一転してジョン・ポール・ジョーンズ(B/Key)のトレモロをかけたエレピがスペーシーな、暗黒プログレ沼へのトリップを誘う#7、変拍子変態リフと終盤のお祭り騒ぎが楽しい#8。と全曲穴無し。ジョンジー度高いのが良いね。ヒプノシスによるジャケもキレイで大好きです。

ジャケット・アートの舞台は世界遺産のジャイアンツ・コーズウェー(北アイルランド)です。
ジャイアンツ・コーズウェー





アマゾンで買う

フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: ハード・ロック  ヒプノシス  イギリス  名盤    1970年代 

 

投稿者: 2010-03-01-Mon

LED ZEPPELIN / Physical Graffiti

LED ZEPPELIN / Physical Graffiti 1975 UK
LED ZEPPELIN / Physical Graffiti1. Custard Pie
2. The Rover(5th outtake)
3. In My Time of Dying
4. Houses Of The Holy(5th outtake)
5. Trampled Under Foot
6. Kashmir
7. In The Light
8. Bron-Yr-Aur(3rd outtake)
9. Down by the Seaside(4th outtake)
10. Ten Years Gone
11. Night Flight(4th outtake)
12. The Wanton Song
13. Boogie With Stu(4th outtake)
14. Black Country Woman(5th outtake)
15. Sick Again


LED ZEPPELINの6thアルバムPhysical Graffiti。
アナログはLP2枚組。8つの新曲と過去のアルバムのアウトテイク7曲で構成されている。
#4や#8あたりはともかく、#2や#9や#13がそのままその時のアルバムに収録されていたら、そのアルバムの印象もかなり変わったものとなっていただろう。Physical Graffitiの楽曲として聴いてきた慣れもあるだろうが、やはりアウトテイクにして正解だったと思う。
しかし楽曲としてのクオリティには何の問題も無く、新曲と共に曲調がバラエティに富んだアルバムを構成している。
ソリッドなハードロック#1,#4,#12、LED ZEPPELINの音楽要素CIA(ケルト/インド/アラブ)のインド趣味を反映した大作#6,#7、ジョン・ポール・ジョーンズ(B/Key)のクラヴィネットをフィーチュアしたグルーヴィな#5、レイドバックした#9、ファンキーかつ叙情的なハード・ロック#2、変則チューニングを使用したアコギのインスト#8などなど、単純にLED ZEPPELINの曲がたくさん聴けるという理由でフェイバリットに挙げる人も多いアルバム。


LED ZEPPELIN / Physical Graffitiをアマゾンで買う

フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: イギリス  ハード・ロック  1970年代 

 

投稿者: 2011-03-01-Tue

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。