SEARCH


ARTISTS


アルバム検索


人気のレビュー


RSS


ARCHIVES


>

NATIONAL HEALTHのレビュー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

投稿者: -----------

NATIONAL HEALTH / National Health

NATIONAL HEALTH / National Health 1978 UK
NATIONAL HEALTH / National Health1. Tenemos Roads
2. Brujo
3. Borogoves [Excerpt from Pt. 2]
4. Borogoves, Pt. 1
5. Elephants


HATFIELD AND THE NORTHとGILGAMESHの2バンドのメンバーが合流して作られたカンタベリー・ミュージックの重要バンドNATIONAL HEALTHの1st。
ビル・ブラッフォードなんかも一時期在籍しながら、蓋を開けてみればHATFIELDからベースをニール・マーレイ(元WHITESNAKEのあの人ですよ)に変えただけの基本編成でGILGAMESHのアラン・ゴウエン(Key)はゲスト扱い。音はそのHATFIELDに比べると幾分構築度合いの強いジャズ寄りで、一聴すると敷居が高そうだがところがどっこい、天才デイヴ・スチュワート(Key)の存在がそんな不安を吹き飛ばす大活躍。聴けば聴くほど味が出るアルバムです。デイヴの凄いのはオルガンやエレピ等、常に何か弾いていながらも、それが出過ぎず引き過ぎず程よいバランスと抜群の音色選択でアレンジを構築している所。キッチリ構成されたアレンジの上をデイヴのカラフルなオルガン、フィル・ミラー(G)のオーガニックなギター、アラン・ゴウエンのムーグシンセがクールなバトルを繰り広げるという、HATFIELDの魅力だった、どこまでがキメでどこからがインプロビゼーションなのか?といったハラハラ感とは若干異質なスリルが楽しめます。後に白血病で亡くなるアラン・ゴウエンも楽器としての表現力ではオルガンやギターに一歩譲るムーグを主戦に使用しながらも、そのハンディを物ともしないフレージングの妙で2人のソリストに対抗。そしてデイヴの凄いところその2は、そんな息詰まる楽曲展開が聴き手の限界に差し掛かる頃、アマンダ・パーソンズの天使の歌声を配するセンスにも認められます。
HATFIELDのコーラス3人娘”ノーセッツ”の一人、アマンダ・パーソンズの可憐なスキャットがオシャレでクールでたまりません。
そして影ながら健闘しているのがニール・マーレイ。#3では見事なベース・ソロで楽曲を牽引。時折モジュレーションを使用したりと、表現力も抜群。何で単なるブルース・ロックバンドのWHITESNAKEに入ってしまったんでしょうか?この1曲でWHITESNAKEのアルバム1枚分のノートを弾いているんじゃないか?っていうくらいです。又、ゲストのジミー・ヘイスティングスのフルートも随所で効いているんですよ。これだけの濃密な楽曲群とメンツを束ねるプロデュース能力・・・・デイヴ・スチューワートって偉大です。

NATIONAL HEALTHの作品レビュー


アマゾンで買う


プログレやHR/HM(ハード・ロック/ヘヴィ・メタル)のレビュー ☆千一夜☆の深い森

TOPページへ


フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: プログレ  女性ボーカル  カンタベリー  ジャズ・ロック  テクニカル  イギリス  変拍子  1970年代 

 

投稿者: 2009-08-31-Mon

NATIONAL HEALTH / Of Queues and Cures

NATIONAL HEALTH / Of Queues and Cures 1978 UK
NATIONAL HEALTH / Of Queues and Cures1. Bryden Two-Step (For Amphibians), Pt. 1
2. Collapso
3. Squarer for Maud
4. Dreams Wide Awake
5. Binoculars
6. Phlakaton
7. Bryden Two-Step (For Amphibians), Pt. 2


カンタベリー・ミュージックの正統な完成型 NATIONAL HEALTHの2nd。ベースのニール・マーレイがブルーズ・ロックバンドWHITESNAKEに加入するため脱退し後任にHENRY COWのジョン・グリーヴス(B)が参加。元HATFIELDのデイヴ・スチュワート(Key)、フィル・ミラー(G)、ピップ・パイル(Dr)+新加入のグリーヴスといったメインの4人に管弦楽器をゲストに迎えた編成。緻密なアレンジの大所帯ジャズ・ロック オーケストラ路線はそのままに、ドライヴ感や高揚感を増したプログレ的な展開も相まってカッコ良い傑作に仕上がってます。HATFIELDの系譜であるオシャレでキャッチーな要素も受け継ぎつつ、ダークなテイストも加味。1stで天使のような美声を聴かせていたアマンダ・パーソンズが抜けて野郎オンリーになった事も影響しているんでしょうか?#5でのグリーヴスによるヘタウマ(っていうかはっきり言ってヘボ!)ヴォーカルはちょっとどうかと思いますが・・・これもカンタベリー流ユーモアなんでしょうか?せめてジョン・シンクレア(CARAVAN~HATFIELD~CAMEL)だったらなぁ。アマンダなら最高ですけど。。グルーヴィーでシンプルなリフをバックにデイヴ・スチュワートがワウやファズ等のエフェクトを絡めてエキサイティングにオルガンのソロを弾きまくる#4、緊張感あるイントロから怒涛のプログレッシブ・ジャズ・ロック ワールドに展開する#7が個人的にはツボですね。


NATIONAL HEALTHの作品レビュー


アマゾンで買う


プログレやHR/HM(ハード・ロック/ヘヴィ・メタル)のレビュー ☆千一夜☆の深い森

TOPページへ


フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: プログレ  カンタベリー  ジャズ・ロック  イギリス  1970年代  変拍子 

 

投稿者: 2009-09-12-Sat

NATIONAL HEALTH / Missing Pieces

NATIONAL HEALTH / Missing Pieces 1996 UK
NATIONAL HEALTH / Missing Pieces1. Bourée
2. Paracelsus (Inc. Bourée Reprise)
3. Clocks and Clouds
4. Agrippa
5. Lethargy Shuffle and The Mind-Your-Backs Tango
6. Zabaglione
7. Lethargy Shuffle, Pt. 2
8. Croquette for Electronic Beating Group
9. Phlâkatön
10. Towplane and the Glider
11. Starlight on Seaweed
12. Walking the Dog


カンタベリー・ミュージックの完成型ともいえるジャズ・ロック・バンドNATIONAL HEALTHの1stアルバム以前の音源をまとめたコンピレーション。デイヴ・スチュワート/アラン・ガウエン(Key)、フィル・ミラー/スティーヴ・ヒレッジ(G)、モント・キャンベル/ニール・マーレー(B)、ピップ・パイル/ビル・ブラッフォード(Dr)というカンタベリー・ミュージックの錚々たるメンツによる1975~1976年にかけてのセッション。様々なメンバーが出入りしながらも、構築美と変態とユーモアが同居する#5をはじめとして、あくまでもきちんとしたアレンジありきな部分に、後のレギュラー・アルバムで聴かれるNATIONAL HEALTHらしさが既に感じられます。個人的なハイライトは、やはりアマンダ・パーソンズ(Vo)の美声が堪能できる#3。何故アルバムから漏れたのか理解不能な美しいメロディの名曲です。フィル・ミラー(G)の独特の甘いトーンがアマンダのヴォーカルに絡みつく所なんて堪らないですね。繊細なエレピとまろやかなシンセのオブリガードも、この曲の美しい世界観の構築に欠かせないパートです。アレンジはスチュワートでしょうか、さすがです。1995年録音のスチュワート&ガスキンな#11がオマケで収録されています。ミステリアスな中にバーバラ・ガスキンの美声が冴える佳曲です。
NATIONAL HEALTHの作品レビュー


アマゾンで買う


プログレやHR/HM(ハード・ロック/ヘヴィ・メタル)のレビュー ☆千一夜☆の深い森

TOPページへ


フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: プログレ  女性ボーカル  ジャズ・ロック  カンタベリー  イギリス  1970年代  テクニカル 

 

投稿者: 2009-09-21-Mon

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。