SEARCH


ARTISTS


アルバム検索


人気のレビュー


RSS


ARCHIVES


>

YESのレビュー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

投稿者: -----------

YES / The Yes Album

YES / The Yes Album 1971 UK
YES / The Yes Album 1971 UK1. Yours Is No Disgrace
2. The Clap
3. Starship Trooper
i)Life Seeker
ii)Disillusion
iii)Wurm
4. I've Seen All Good People
i)Your Move
ii)All Good People
5. A Venture
6. Perpetual Change



英国のプログレッシブ・ロック・バンドYESの3rdアルバムThe Yes Album。

本作よりスティーヴ・ハウ(G)が加入。早速、バッキング、オブリガード、ソロと縦横無尽にカラフルなプレイを披露。メンバーもそんな彼の才能に敬意を表してか、ライブ・レコーディングによるアコギのソロ#2を収録。これが又、クラシック、カントリー、スパニッシュ、ブルーズなど様々な影響を融合した、「これだけ弾けたらさぞ楽しいだろうな」、と感じさせる素晴らしい演奏で奏でられた軽快なインストゥルメンタルに仕上がってます。

クリス・スクワイヤ(B)とビル・ブラフォード(Dr)の叩き出すドライブ感抜群のビートに、スティーヴ・ハウによる華麗なギターのオブリガードが舞う#1。
アコギの見事なバッキング・パートに乗る美しいコーラス・パート、エレキのカッティング・リフをベースにした思索的インストパートなど、スティーヴ・ハウのギターが舵を取る組曲形式の#3。
アコギと素朴なリコーダーに美しい多層コーラスが乗る序盤とリズミックなシャッフルのロックン・ロールの後半の2部構成の組曲#4。
少々サイケなムードの中に英国っぽい妖しいヒネリが加わったポップな小品#5。
緊張感あるリフとゆったりした歌唱・アンサンブル・パートが繰り返す中に、突如シンセとベースのユニゾン・リフが登場しカオスなインスト・パートに発展するスリルを持ち込んだ#6。

組曲形式の楽曲構成に後の緻密なアンサンブルによる長大なシンフォニック・ロックの萌芽も読み取れますが、全体的には牧歌的なムードも漂わせる箇所も多々存在する、プログレ風味のポップ・ロックといったテイスト。
本作がラストとなるトニー・ケイ(Key)もオルガンやピアノ中心にシンセも操り奮闘してはいますが、楽曲に彩を加えるスティーヴ・ハウの派手なプレイと比較するとバンド・サウンドの中に埋もれている印象。
バンドが楽曲の組曲・長尺化によって目指すスケール感を表現する上では役不足かも。脱退も止む無しといったところでしょうか。

アマゾンで買う


フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: プログレ  イギリス  1970年代 

 

投稿者: 2009-08-10-Mon

YES / Fragile

YES / Fragile 1972 UK
YES / Fragile1. Roundabout
2. Cans and Brahms
3. We Have Heaven
4. South Side of the Sky
5. Five Per Cent of Nothing
6. Long Distance Runaround
7. Fish (Schindleria Praematurus)
8. Mood for a Day
9. Heart of the Sunrise


英国のプログレッシブ・ロック・バンドYESの1972年4thアルバムFragile。
本作から加入したリック・ウェイクマン(Key)のオルガンが印象的な超有名曲#1から各メンバーの全開プレイが楽しめます。大作主義的な#1,#4,#6,#9以外は各メンバーの個性を前面に出したソロのような作風でコンパクトに仕上げられています。このように大作と小品がバランス良く配置されたアルバム構成に対して、考え過ぎた当時のファンが勝手にこの作品をコンセプト・アルバムだと誤解しました。ただ、あくまでもロック的なアンサンブルの中でのメンバー同士の激突がこのバンドの魅力だと思うんで、ちょっと物足りない感じもしますね。


YES / Fragileをアマゾンで買う

フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: プログレ  メロトロン  ロジャー・ディーン  1970年代  イギリス  シンフォニック 

 

投稿者: 2009-09-01-Tue

YES / Close to the Edge

YES / Close to the Edge 1972 UK
YES / Close to the Edge1. Close To The Edge - (i)The Solid Time Of Change(ii)Total Mass Retain(iii)I Get Up, I Get Down(iv)Seasons Of A Man
2. And You And I - (i)Cord Of Life(ii)Eclipse(iii)The Preacher, The Teacher(iv)Apocalypse
3. Siberian Khatru


YESの1972年5thアルバムClose to the Edge。
Pro Toolsなんて便利なモノが無い時代に、時に小節単位で行われたレコーディングの断片をテープの切り・貼りによって再構築したという#1がもう最高。川のせせらぎと鳥のさえずりのSEを導入部に仕込むことで牧歌的なイメージを与えておきながら、バンド演奏が始まるとともに突然のフリージャズ寸前の展開に当時の全リスナーが腰を抜かしたであろう衝撃のオープニングでつかみはOK。そして忍耐強く聴き続けた者だけに訪れる緊張からの爽やかな開放感。まさに「アメ」と「ムチ」だ。この曲は基本的にこのパターンを繰り返しながらオーラスの大団円に向かって徐々に感動の度合いが高まるように構成されています。その「アメ」と「ムチ」の「ムチ」に関しては、①変拍子/ポリリズムの心地よい違和感。②実は必然であることに気づく一見唐突な場面転換。③各楽器の手に汗握るスリリングなアンサンブル。といった要素が、そして「アメ」は、①キャッチーなヴォーカル・メロディ、特にサビ。②それを歌うジョン・アンダーソンの王道プログレ声。③リック・ウェイクマンの大仰なオルガン。といった要素が当てはまるだろう。
「緊張⇒開放」の大きな枠組みの中で緻密な計算に基いて配置された「アメ」と「ムチ」の様々なパーツが有機的に結びついている為、長尺にもかかわらずダレる事無く一気に聴けてしまう。そして「ムチ」から「アメ」まで行くのがわかっていながら、じらす手法も又ニクい。後世の多くのバンドがこうした手法を模倣しながら未だにこのオリジナルの完成度を越える事ができていない、という事実がいかにこの30年以上前の作品が凄いものであるかを証明しています。
リック・ウェイクマンが多彩なKeyでチーム・プレーに徹しつつ幻想的雰囲気を醸し出す#2、各パートの演奏が有機的に絡み合った#3も素晴らしいです。スリリングでドラマティック、メロディアスでインテレクチュアルなロック史に燦然と輝く名盤。偏執狂的制作スタイルに疲れた?Drのビル・ブラッフォードはレコーディング後脱退、KING CRIMSONに加入する。

アマゾンで買う

フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: プログレ  メロトロン  ロジャー・ディーン  シンフォニック  幻想的  イギリス  変拍子  名盤  1970年代 

 

投稿者: 2009-09-02-Wed

YES / Tales From Topographic Oceans

YES / Tales From Topographic Oceans 1973 UK
YES / Tales From Topographic Oceans1. The Revealing Science Of God
/Dance Of The Dawn
2. The Remembering
/High The Memory
3. The Ancient
/Giants Under The Sun
4. Ritual
/Nous Sommes Du Soleil


ドラムがビル・ブラッフォードからアラン・ホワイトにチェンジしてのYESのスタジオ6thアルバムTales From Topographic Oceans。
ジョン・アンダーソン(Vo)の呪文のようなボーカルから始まり、寄せては引き引いては返す波のように緩急が程よく繰り返されるシンフォニックな#1。雄大な場面をメロトロン、鋭いオブリガードをピアノ、ソロではモーグ、とリック・ウェイクマン(Key)が場面に応じてカラフルにプレイし長尺の緊張感を保ってます。桃源郷のような緩いムードが大半を支配する中、7拍子に乗ったアグレッシヴ・パートのテンションが心地良い#2。小刻みなパーカッションをバックにしたアバンギャルドなスライド・ギター、スパニッシュ風なアコギのプレイ等スティーヴ・ハウ(G)がテクニックとアイディアを見せ付けた#3。スティーヴ・ハウのシタールやアラン・ホワイトの叩き出すプリミティブな感じのビートがエスニックなムードを醸し出す#4。アナログ時代はLP2枚各面毎に20分クラスの1曲を収録した合計4曲という超大作です。壮大なYES流シンフォニーに浸れます。

アマゾンで買う


フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: プログレ  メロトロン  ロジャー・ディーン  イギリス  1970年代  シンフォニック  変拍子  幻想的  名盤 

 

投稿者: 2009-09-05-Sat

YES / Relayer

YES / Relayer 1974 UK
YES / Relayer1. The Gates of Delirium
2. Sound Chaser
3. To Be Over


英国のプログレッシブ・ロック・バンドYESのスタジオ作7thアルバムRelayer。
1973年の前作「Tales From Topographic Oceans」を最後にリック・ウェイクマン(Key)が脱退、1974年の今作からスイス人のパトリック・モラーツ(Key)が加入。22分にも及ぶ大作#1では、早速モラーツのカラフルなキーボード群によるジャズの素養を感じさせるクールなフレージングが聴き所となっています。8分過ぎからのインスト・パートでは分厚いシンセ・サウンドと独特の攻撃的なフレージングでスティーヴ・ハウ(G)を挑発、手に汗握る緊迫したバトルを展開しています。ギターとベースによる速いパッセージのユニゾンがスリリングな#2。ハイテンションな前2曲とは打って変わってゆったりした#3では、良く聴くと各々のパートが絶えず紡ぎだすフレーズが絶妙な融合を見せている事に気づきます。YESに新鮮な風を送り込んだパトリック・モラーツでしたが、自身のソロ作の成功もあり、この1枚で脱退してしまいます。

アマゾンで買う

フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: プログレ  ロジャー・ディーン  イギリス  1970年代  シンフォニック  変拍子 

 

投稿者: 2009-09-13-Sun

YES / Going for the One

YES / Going for the One 1977 UK
YES / Going for the One 究極1. Going for the One
2. Turn of the Century
3. Parallels
4. Wonderous Stories
5. Awaken


YESの8th Going for the One。邦題は"究極"。
前作Relayer1枚のみでYESを去ったパトリック・モラーツの穴を埋めるべく何とリック・ウェイクマン(Key)が復帰。1973年の超大作Tales from Topographic Oceans(海洋地形学の物語)と同じメンツながら時代はパンクの嵐吹き荒れる1977年ということもあってか、難解な長尺曲は姿を消しコンパクトな楽曲中心に構成されたキャッチーなアルバムとなりました。
冒頭のスティーヴ・ハウ(G)によるラップ・スティールのフレーズが一瞬サーフ・ロックか?と耳を疑うが、良く聴けば絡み付くようなギターとキーボードで紡がれたアレンジにジョン・アンダーソン(Vo)の無垢なボーカルが乗るYESらしいナンバーとなった#1。トーン、フレージング共に素晴らしいアコギと美しいピアノの調べにオートハープの装飾音が加わりファンタジックに盛り上がる#2。重厚なチャーチ・オルガンのリフに乗ってクリス・スクワイア(B)のベースが唸るスクワイア作のPOPな#3。瑞々しい美しさに溢れたヒット・ナンバー#4。緊張感と桃源郷的ファンタジーが絶妙のバランスで融合した、往年の大作を彷彿させる15分超のシンフォニックな#5。
ジャケット・アートもこれまでのロジャー・ディーンによる有機的ファンタジック路線からヒプノシスによる無機的、幾何学的なものになり、バンドの前進しようとする意欲を感じさせます。

アマゾンで買う


フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: プログレ  ヒプノシス  イギリス  1970年代  ポップ  シンフォニック 

 

投稿者: 2010-01-30-Sat

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。