SEARCH


ARTISTS


アルバム検索


人気のレビュー


RSS


ARCHIVES


>
2009年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

投稿者: -----------

KINGSTON WALL / Kingston Wall

KINGSTON WALL / Kingston Wall 1992 FINLAND
EUROPE / Europe1. With My Mind
2. Used to Feel Before
3. I'm Not the One
4. Fire
5. Waste of Time
6. Nepal
7. And I Hear You Call
8. Tanya
9. Mushrooms
I Prelude
II On My Own
III the Weep
IV Mushrooms
V Circumstances
VI Captain Relief
VII More Mushrooms
VIII the Answer


フィンランドの3人組ハード・ロック・バンドKINGSTON WALLの1st。
60~70年代風サイケなムードを中心にしたグルーヴ感抜群のハード・ロックを展開。3ピースならではのサウンドの隙間を逆に上手に使い、LED ZEPPELINのようなダイナミズムとビッグなグルーヴを醸成しています。バリエーション豊富なフレーズで底辺を支えるSami Kuoppamäki(Dr)とJukka Jylli(B)のリズム隊、シャキシャキしたカッティングやスリリングなソロ・ワークを聴かせるPetri Walli (G/Vo)による確かなテクニックに裏打ちされたタイトなアンサンブルも見事。 ジャケット・アート通りのアラビア風味でモーダルなム-ドな#7、エスニックな#8を絡め、キャッチーな9-Ⅱのフレーズを繰り返し登場させながら連綿と一大叙事詩を綴る21分超の組曲#9で締めるアルバム構成もブッ飛んでいます。
KINGSTON WALLの作品レビュー


アマゾンで買う




Sami Kuoppamäki(Dr),Jukka Jylli(B),Petri Walli (G/Vo)


プログレやHR/HM(ハード・ロック/ヘヴィ・メタル)のレビュー ☆千一夜☆の深い森

TOPページへ



フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: ハード・ロック  サイケ  北欧  1990年代 

 

投稿者: 2009-11-30-Mon

VASHTI BUNYAN / Lookaftering

VASHTI BUNYAN / Lookaftering 2005 UK
VASHTI BUNYAN / Lookaftering1. Lately
2. Here Before
3. Wayward
4. Hidden
5. Against the Sky
6. Turning Backs
7. If I Were
8. Same But Different
9. Brother
10. Feet of Clay
11. Wayward Hum


英国のフォーク・シンガー バシュティ・バニヤン35年ぶりの2nd。
一聴するとシンプルなアレンジによるバックに、バシュティ・ブニヤンのウィスパー・ヴォイスとアコギが乗るオーガニックなスタイルは不変。じわじわ浸透するストリングスとオーボエのメイン・メロディが美しい#1。ワイン・グラス(濡れたコップの淵を指でこすると音が出るあれ)とハルモニウムにグロッケンスピルのかわいい音色が乗る#2。リコーダーとピアノが優しい#4。ワイン・グラスやハープがアコギにマッチした翳りを持つ#5。メロトロンにコーラングレ(アルト・オーボエ)、ダルシマーで神秘的なムードを醸しだす#6。フェンダー・ローズにアコギとハープが絡む#7。リコーダーの素朴な音がストリングス・セクションに溶け込んだ#8。オーボエ、フレンチホルンがストリングスと相まって広がりある空間を演出する#10。などなど、聴きこむと実は様々な楽器が実に効果的に使用されていることに気づきます。これらの愛すべき楽器達が、過剰なエフェクトやギミック抜きの彼女の音楽が本来持つ暖かみを演出しているんですね。
VASHTI BUNYANの作品レビュー


アマゾンで買う



プログレやHR/HM(ハード・ロック/ヘヴィ・メタル)のレビュー ☆千一夜☆の深い森

TOPページへ


フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: プログレ  メロトロン  女性ボーカル  フォーク  癒し系  イギリス  2000年代 

 

投稿者: 2009-11-29-Sun

WINGER / Winger

WINGER / Winger 1988 USA
WINGER / Winger1. Madalaine
2. Hungry
3. Seventeen
4. Without the Night
5. Purple Haze
6. State of Emergency
7. Time to Surrender
8. Poison Angel
9. Hangin On
10. Headed for a Heartbreak
11. Higher and Higher


アメリカはニューヨークのHR/HMバンドWINGERの1st。
アリス・クーパー・バンドで活動していたキップ・ウィンガー(B/Vo)、ポール・テイラー(Key/G)が中心となり結成され、後にセッションマンのレブ・ビーチ(G)、DIXIE DREGSのロッド・モーゲンスタイン(Dr)が加わりRATTでお馴染みボー・ヒルのプロデュースでレコーディングされました。全ての楽曲を書き#2冒頭のストリングスをアレンジするなど洗練されたセンスを持つキップ・ウィンガーの音楽的才能とバレエ経験を活かした華麗な身のこなしを見せたPVで話題になり大ヒット。タッピングによる流麗なギター・ソロ、キャッチーなのに実は複雑でテクニカルな#3のリフなど超絶技巧を余裕でこなすレブ・ビーチも楽曲構成において多大に貢献しております。ジミ・ヘンドリックスのカヴァー#5ではドウィージル・ザッパ(G)がゲスト参加。レブと華麗なギター・バトルを展開しています。この時期テクニカルなギタリストは山ほど存在していましたが、#3のソロ、#9冒頭などタッピングで個性を発揮しつつ、バッキングやメロディアスなフレージングでチーム・プレイも堅実なレブ・ビーチの登場はギター・キッズにとってかなり衝撃でした。
WINGERの作品レビュー


アマゾンで買う






プログレやHR/HM(ハード・ロック/ヘヴィ・メタル)のレビュー ☆千一夜☆の深い森

TOPページへ


フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: ヘヴィ・メタル  ギター・ヒーロー  アメリカ  1980年代  ポップ 

 

投稿者: 2009-11-29-Sun

GIRL / Sheer Greed

GIRL / Sheer Greed 1980 UK
GIRL / Sheer Greed1. Hollywood Tease
2. Things You Say
3. Lovely Lorraine
4. Strawberries
5. Little Miss Ann
6. Doctor Doctor
7. Do You Love Me
8. Take Me Dancing
9. What's Up?
10. Passing Clouds
11. My Number
12. Heartbreak America


英国のヘヴィ・メタル・バンドGIRLの1st。
NWOBHMの波に乗り日本でも音楽誌で紹介されると、フィリップ・ルイス(Vo)やフィル・コリン(G)のメイクを施したグラムっぽいルックスの良さで一躍大人気に。フィリップの若さに任せたヘタウマ・ボーカル、フィルの高速マシンガン・ピッキングによるギター・ソロをフィーチャー、メタル然とした怒涛の6弦開放Eの3連刻みリフがカッコ良い永遠のマイ・アンセム#1を始め佳曲揃い。屈折した翳りとミステリアスなムードでGIRLらしい個性を発揮した#2、#4、#10。シンプルなリフとキャッチーなメロディ・ラインの#3、#6、#11、#12やKISSのカヴァー#7では妖しくもPOPなグラム風テイストも漂わせています。ルート音+5度のパワーコード中心の安直なリフを元に曲を構成する同時期の並みのバンドとは一線を画した個性的な曲づくりと屈折したムードで音楽性も高く、メインソングライターのフィルが後にDEF LEPPARDで大成功を掴むのも納得です。フィリップはTORMEなどを経てアメリカに移りL.A. GUNSを結成します。
GIRLの作品レビュー


アマゾンで買う






プログレやHR/HM(ハード・ロック/ヘヴィ・メタル)のレビュー ☆千一夜☆の深い森

TOPページへ



フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: ヘヴィ・メタル  イギリス  1980年代  ギター・ヒーロー 

 

投稿者: 2009-11-28-Sat

MATCHING MOLE / Matching Mole

MATCHING MOLE / Matching Mole 1972 UK
MATCHING MOLE / Matching Mole1. O Caroline
2. Instant Pussy
3. Signed Curtain
4. Part of the Dance
5. Instant Kitten
6. Dedicated to Hugh, But You Weren't Listening
7. Beer as in Braindeer
8. Immediate Curtain


SOFT MACHINEを脱退したロバート・ワイアット(Dr/Vo)が元CARAVANのデイヴ・シンクレア(Org/P)、元DELIVERYのフィル・ミラー(G)、元QUIET SUNのビル・マコーミック(B)と結成したバンドの1st。メロトロンがリードする素朴で美しすぎるバラード#1から冒頭の3曲では構築された美を提示。一転してテーマ・メロディだけ設定して後はやりたい放題の#4、#3の続きのようなスキャットから始まりデイヴ・シンクレアのファズ・オルガンが唸る#5、SEのような導入部から怒涛のソロ・パートに突入する#6では、インプロビゼーションを盛り込んだスリリングなジャズ・ロックを展開。終盤は各楽器のノイズをSEのようにコラージュした(フリー・インプロビゼーション?)#7や、その流れのままメロトロンによる白玉即興で美しくも不穏かつスペイシーなムードを醸成する#8で実験的な試みも見せた野心作です。
MATCHING MOLEの作品レビュー


アマゾンで買う



プログレやHR/HM(ハード・ロック/ヘヴィ・メタル)のレビュー ☆千一夜☆の深い森

TOPページへ



フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: プログレ  メロトロン  ジャズ・ロック  カンタベリー  イギリス  1970年代 

 

投稿者: 2009-11-25-Wed

EUROPE / Europe

EUROPE / Europe 1983 SWEDEN
EUROPE / Europe1. In the Future to Come
2. Farewell
3. Seven Doors Hotel
4. King Will Return
5. Boyazont
6. Children of This Time
7. Words of Wisdom
8. Paradize Bay
9. Memories


スウェーデンのヘヴィ・メタル・バンドEUROPEの1st。
ジョーイ・テンペスト(Vo/Key)、ジョン・ノーラム(G)、ジョン・レヴィン(B)、トニー・レノー(Dr)の4人組。ジョーイの伸びやかなハイトーンを活かしたメロディアスなハード・ロック/ヘヴィ・メタルは後に北欧メタルの代名詞ともなりました。ジョン・ノーラムのリフやソロのフレージングには多分にマイケル・シェンカーの影響が見て取れます。(マシンガン・ピッキングにはゲイリー・ムーアも)疾走メタル・チューン#1、3連のリフがカッコ良い#9など、メタルでありつつ北欧ならではの凛と澄み切ったイメージのメロディアス路線は多くのフォロワーを生みました。デビュー・アルバムということで、ジョーイの歌唱は上ずり気味だしアレンジもシンプルだが、その分逆に勢いを感じさせま。又、端整なピアノのアルペジオで始まる代表曲#3のドラマティックな様式美などに既に大物の予感も漂わせています。


アマゾンで買う



フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: ヘヴィ・メタル  北欧  1980年代 

 

投稿者: 2009-11-23-Mon

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。