SEARCH


ARTISTS


アルバム検索


人気のレビュー


RSS


ARCHIVES


>
2010年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

投稿者: -----------

THE 3RD AND THE MORTAL / Tears Laid In Earth

THE 3RD AND THE MORTAL / Tears Laid In Earth 1994 NORWAY
THE 3RD AND THE MORTAL / Tears Laid In Earth1. Vandring
2. Why So Lonely
3. Atupoema
4. Death Hymn
5. Shaman
6. Trial Of Past
7. Lengsel
8. Salva Me
9. Song
10. In Mist Shrouded
11. Oceana2


フィーメール・ゴシック・メタルのパイオニア ノルウェーのTHE 3RD AND THE MORTALの1stアルバムTears Laid In Earth。

カリ・ルエスラッテン(vo)の独唱による妖しいメロディの#1。
スローな曲調にこもり気味のロングトーン中心のギター・フレーズ、という原初的ゴシック・メタルの型ともなった#2。
北欧フォークロアのテイストが漂うモーダルな旋律が神秘的なムードを高める#3。
ヘヴィなリフとクリーンなアルペジオが適度に溶け合い、荒涼とした中に仄かな叙情を醸し出す#4。
儀式を思わせるプリミティブなビートに美しいスキャットが乗る、タイトル通り呪術的な#5。
ヘヴィなリフをベースに、ボリューム奏法でアタックを無くしたギターがメロディを奏でるインストゥルメンタル#6。
フレットレス・ベースとカリ嬢のデュオ#7。
絹のように繊細で美しい歌唱が乗る、比較的起伏に溢れた#8。
アトモスフィックに浮遊するインスト・パートに祈るような歌唱が乗る#5と同路線の#9。
不条理系リフとメロディを奏でるギター、調性のはっきりしないボーカル・パート、静と動の起伏からなるプログレッシブな#10。
アルバム随一のメタリックなリフも登場する、ダークで神秘的な18分超の大作#11。

静と動のゆるやかな起伏を持つドゥーミーで暗鬱なサウンドをバックに、優しいタッチの女性ボーカルが神秘的に、時にアンニュイに漂う独特のゴシック・メタル。決してオペラティックに喚き散らすことのないカリ嬢の清楚な歌唱がグッときます。ボーカル・メロディは基本的に全てモードを使用したもので、通常の音階はほとんど登場しません。これにより、一種張り詰めた緊張感と近寄りがたい神聖なムードを醸し出すことに成功しています。
また、シンセやオーケストラで過剰にデコレイトされた後年のフィーメール・ゴシック・メタルとは一線を画す、全体的に冷たく澄んだ感じのシンプルなサウンドの質感が静謐さと気品を感じさせます。

THE 3RD AND THE MORTALの作品レビュー


アマゾンで買う



プログレやHR/HM(ハード・ロック/ヘヴィ・メタル)のレビュー ☆千一夜☆の深い森



フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: 女性ボーカル  1990年代  ゴシック・メタル  北欧 

 

投稿者: 2010-12-26-Sun

KING CRIMSON / Larks' Tongues in Aspic

KING CRIMSON / Larks' Tongues in Aspic 1973 UK
KING CRIMSON / Larks' Tongues in Aspic1. Larks' Tongues in Aspic, Pt. 1
2. Book of Saturday
3. Exiles
4. Easy Money
5. Talking Drum
6. Larks' Tongues in Aspic, Pt. 2


KING CRIMSONの5thアルバムLarks' Tongues in Aspic、邦題 太陽と戦慄。

一旦バンドを解散したロバート・フリップ(G)が新生CRIMSON立ち上げにあたり選出したメンバーは、ジョン・ウェットン(B/Vo)、ビル・ブラッフォード(Dr)という既に名の通った実力者に加え、前衛パーカッショニストのジェイミー・ミューア(Per)、デイヴィッド・クロス(Vln)というメンツ。
スタジオでの実験的サウンド・メイキングよりも、ライヴにおける丁々発止のインプロビゼーションを重視したようです。

このスタンスを形にしたのがヘヴィでメタリックな#1。ジェイミー・ミューアのパーカッションに挑発されたメンバーが、即興で次々にプレイを叩き付け合う様が緊張感に溢れております。セッション中、他メンバーの熱いプレイを聴きながら、手応えを感じたロバート・フリップはおそらくニヤッとほくそ笑んでいたのではないでしょうか。
初期CRIMSONの叙情とは違ったコンテンポラリーな感触のメロウなナンバー#2。
デヴィッド・クロスのヴァイオリンが端整な叙情を湛える#3。この#2,#3そして続く#4は、ジョン・ウェットンの友人で元SUPERTRAMPのリチャード・パーマー=ジェイムズが詩を書いているようです。
泥水のイントロをはじめとするジェイミー・ミューアの様々なアイディアとキャッチーなサビが融合した#4。
理性的なベース・リフに乗って、ヴァイオリンとギターによる不安感を煽るようなフレーズが絡み合い、徐々に盛り上がっていく#5。ジェイミー・ミューアによるハエの飛んでいるような音が鬱陶しさを倍増させております。
5拍子のヘヴィ・メタリックなギター・リフとヴァイオリンの端整なテーマ・メロディが対比して、美しくもダークでメタリックでありながらもオーガニックなうねりを醸成する#6。

後にツアー中に失踪してしまうジェイミー・ミューアのエキセントリックなテンションが、ロバート・フリップの目指すメタリックなサウンドに多大に貢献した中期の代表作です。
KING CRIMSONの作品レビュー


アマゾンで買う



プログレやHR/HM(ハード・ロック/ヘヴィ・メタル)のレビュー ☆千一夜☆の深い森



フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: イギリス  プログレ  1970年代  名盤  変拍子 

 

投稿者: 2010-12-25-Sat

KARNATAKA / The Gathering Light

KARNATAKA / The Gathering Light 2010 UK
KARNATAKA / The Gathering Light1. The Calling
2. State Of Grace
3. Your World
4. Moment In Time
5. Serpent And The Sea
6. Forsaken
7. Tide to Fall
8. The Gathering Light


ウェールズ出身のシンフォニック・ロック・バンドKARNATAKAの4thアルバムThe Gathering Light。
前作発表後、メンバー達が各々自らのバンド結成に向かいバンドは解散状態になるも、イアン・ジョーンズ(B)を中心に新たなメンバーでバンドが復活。ゲストでIONAのマルチプレイヤー トロイ・ドノックリーが参加。イリアン・パイプやホイッスルで瑞々しいケルト風味を加えています。

そのイリアン・パイプがパッド系シンセの海と雷鳴のSEをバックに、滑らかな音色を響かせる厳かな小曲#1でアルバムはスタート。
枯れた味わいのギターが#1のムードを引き継ぎ、シンセのオーケストレーションを中心にドラマティックに盛り上がる#2。と、冒頭2曲はインストゥルメンタル。
ミクソリディアン・モードを使用した神秘的な美メロを女性シンガー リサ・フュリィ(Vo)がしっとり歌うシンフォニック・ロック#3。
ピアノとアコギ、ストリング・カルテットをバックに伸びやかに歌い上げるバラード#4。ここでもイリアン・パイプがナイスに味付けされてます。
サビの開放的ムードが心地良い、ケルト風メロディをコンテンポラリーに昇華した10分超の#5。
ストリング・カルテットにリサの美声が乗る静かな序盤から、リズム・インして一気に広がりのあるインストゥルメンタル・パートへ劇的に展開する12分超の#6。
中近東風メロディのオブリガードを取り入れたメロディアスな#7は、メインストリームでのヒットも狙えそうなポピュラリティ抜群の佳曲。もう一聴して気に入りましたね。
そして、再びイリアン・パイプやストリングスをフィーチャーし、伸びやかな歌唱が美メロを紡ぐ14分超の#8でしっとりと余韻を残してエンディング。

特に難しい事はやってないし、コード進行や展開もオーソドックスなんですが、憂いを保ちつつもポジティブな希望的メロディが美声と優美なサウンドと相まって爽やかな感動を呼ぶ傑作です。

KARNATAKAの作品レビュー


アマゾンで買う



プログレやHR/HM(ハード・ロック/ヘヴィ・メタル)のレビュー ☆千一夜☆の深い森



フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: イギリス  プログレ  2010年代  女性ボーカル  シンフォニック 

 

投稿者: 2010-12-24-Fri

SUPERTRAMP / Breakfast In America

SUPERTRAMP / Breakfast In America 1979 UK
SUPERTRAMP / Breakfast In America1. Gone Hollywood
2. The Logical Song
3. Goodbye Stranger
4. Breakfast In America
5. Oh Darling
6. Take The Long Way Home
7. Lord Is It Mine
8. Just Another Nervous Wreck
9. Casual Conversations
10. Child Of Vision


英国のポップなプログレッシブ・ロック・バンドSUPERTRAMPの6thアルバムBreakfast In America。

ピアノのリフレインによるフェイドインからギターのフィード・バックでいきなりロックする#1。
プアマンズ・ローズこと、ウーリッツァーのグチャっとした独特のトーンによるバッキング、ヴィブラートがかかったロジャー・ホッジソン(Vo/G/Key)の歌唱にジョン・ヘリウェル(Sax)のサックス・・・これらがもたらす何か切ないペーソス感がたまりません。勿論、美しすぎるコーラスは何度聴いても涙が出そうだし、程良くレズリーを効かせたオルガンのオブリガードも最高。
リック・デイヴィス(Vo/Key)がリード・ボーカルをとる、ポップなカラフル感がちょっとおしゃれなムードの#3。
端正なアコースティック・ピアノのバッキングに乗せてロジャーが歌う#4。英国っぽい捻りを加えた切ないメロディや美しいコーラスが、もう最高。ジョン・ヘリウェルのクラリネットが又良い味出してます。
跳ねたピアノのバッキングに絶妙な哀愁を重ねるイントロのハーモニカが印象的な#6。
美しいピアノ・バラードの#7。アコギやオルガンが上品に絡むサビが英国的。
ブライトなウーリッツァーとエレキ・ギターのクリアなアルペジオに乗せてリックが歌う#8。端正な中にもロックなダイナミズムが効いてます。
緊張感溢れるプログレッシブ・ロック・チューン#10。

全体的にロジャーのテイストが濃く、さらにそれがポップでキャッチーな装いとマッチし大ヒット。影が薄い感じのリックですが、彼のボーカル曲#5,#9でのホッと一息ついたムードが、アルバム通して聴いた時に要所で良い落ち着きをもたらしています。
ハード・ロックあり、ポップスあり、プログレあり、オルガンあり、エレピあり、メロディあり・・・・と、自分の好きな要素が上手い具合にミックスされた一生の友です。


アマゾンで買う


フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: イギリス  プログレ  1970年代  名盤 

 

投稿者: 2010-12-23-Thu

THE FLOWER KINGS / Adam & Eve

THE FLOWER KINGS / Adam & Eve 2004 SWEDEN
PAIN OF SALVATION / Remedy Lane1. Love Supreme
2. Cosmic Circus
3. Babylon
4. Vampires View
5. Days Gone By
6. Adam & Eve
7. Starlight Man
8. Timelines
9. Drivers Seat
10. The Blade of Cain


スウェーデンのプログレッシブ・ロック・バンドTHE FLOWER KINGSの8thアルバムAdam & Eve。
シンフォニック、アバンギャルド、スリル、叙情、時折ロカビリー!・・・様々な音楽的要素がごった煮感覚で味わえるのがTHE FLOWER KINGSの最大の魅力だと個人的に感じてますが、この8thはCD1枚ということもあってかハッセ・フロベリ(Vo)のクリーンなVoを活かしたストレートで爽やかなシンフォニック路線にカラーが統一されてます。
その分、叙情性が減少。お家芸とも言えるテクニカルなのにキャッチーな高速変拍子も皆無。
雑多な要素を有機的に繋ぎ合わせてTHE FLOWER KINGSというひとつのテイストに昇華させていたロイネ・ストルト(G/Vo)のネバりあるギターのトーンや味わいある歌唱もこの8thアルバムでは控え目です。
プロデュースもしてるんで、一歩下がり俯瞰するようなスタンスで制作に関わったからかもしれません。
前作に続き客演のダニエル・ギルデンロウがシアトリカルな歌唱でアクセントとなってたりしますが、やはりロイネ先生にもうちょいがんばって欲しかったですね。
他のプロジェクト(色々やり過ぎ!)で忙しかったんでしょうか?
とはいえ、ソング・ライティングは全曲ロイネ先生だし、トマス・ボディン(Key)のいつもながらの音色センス確かなキーボードも健在なんで水準以上の出来ではあります。
ヘヴィでドラマティックな#6あたりは初期の名作にも引けを取らないクオリティですしね。

THE FLOWER KINGSの作品レビュー


アマゾンで買う



プログレやHR/HM(ハード・ロック/ヘヴィ・メタル)のレビュー ☆千一夜☆の深い森



フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: プログレ  2000年代  シンフォニック  北欧 

 

投稿者: 2010-12-19-Sun

PAIN OF SALVATION / Remedy Lane

PAIN OF SALVATION / Remedy Lane  2002 SWEDEN
PAIN OF SALVATION / Remedy Lane1. Of Two Beginnings
2. Ending Theme
3. Fandango
4. Trace of Blood
5. This Heart of Mine (I Pledge)
6. Undertow
7. Rope Ends
8. Chain Sling
9. Dryad of the Woods
10. Remedy Lane
11. Waking every God
12. Second Love
13. Beyond the Pale


スウェーデンのプログレッシブ・メタル・バンド PAIN OF SALVATIONの4thアルバムRemedy Lane。

パッド系シンセの静かな序盤から苦悩を感じさせるヘヴィなパートに移行する、アルバムのイントロダクション的なナンバー#1。
ダークでヘヴィな音像をバックに、ダニエル・ギルデンロウ(G/Vo)がエモーショナルに歌い、弾く印象的なメロディが耳から離れない#2。
ギターとピアノがユニゾンで奏でる5拍子の精神分裂気味メロディのリフを軸に展開する#3。突如メロディアスになるサビにおけるピアノやギターのミュート・フレーズも5拍子の周到さ。
様々な表情を見せる歌唱が演出する叙情パートや爽快なパートを内包しつつ、キャッチーなサビ以外は基本的に7拍子で進行する#4。
クリーンなアルペジオをバックにしたマイルドな前半から、後半は激しさも加えた歌唱に展開する#5。
枯れたトーンのギターによって提示された悲痛なテーマ・メロディを徐々に力強く発展させていく#6。
16分音符の2拍目にアクセントを持ってくる特異なリフで耳を釘付けにし、その後リズムもキーも全く違うブリッジ・パートを挿入し意外な展開を見せるプログレッシブ・チューン#7。
エスニックなフレーバーをまぶしたフォークロア風ナンバー#8。
クリーンなエレキによるクラシック・ギターのようなフレージングが叙情を運ぶ前半、アルペジオがウラ打ちのリズム・トリックを使用している後半とギターがメインのインストゥルメンタル#9。
#1の右チャンネルにかすかに聴こえていたシンセのシーケンス・フレーズを発展させたようなインストゥルメンタル#10。
心地良い3拍子に乗せて歌唱パート中心に進行する、キャッチーな中にも深遠なムードの#11。ギター・ソロがエモーショナル。
抑えた歌唱が胸を打つ、メロディアスな感動の叙情バラード#12。
変拍子も交えて淡々と時にプリミティブな激情も迸らせるヴァースと、メランコリックなサビを対比させながら壮大に紡がれた10分近くの大曲#13。

ダークなムードや時折見せるアグレッションはヘヴィ・メタルのそれでありながら、実の所はディストーション・ギターも控え目だし、充分にテクニカルでありながらサーカスのようなこれ見よがしの超絶アンサンブルに頼る事も無い。所々に仕掛けたリズムのトリックや予想不可能な意外な展開などで音楽的深みとインテリジェンスを醸し出す、どちらかというと王道プログレッシブ・ロックに近づいた作風。そんな事もあって、同郷の現代プログレの旗手FLOWER KINGSのロイネ・ストルトとダニエル・ギルデンロウの交流も進んで行ったんでしょうか。
ダニエル・ギルデンロウは作詞作曲、アートワーク、個人的なものに基づいた重いコンセプト、ミックスにプロデュース、と全てにその才能を発揮しております。


アマゾンで買う


フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: 2000年代  北欧  プログレ  プログレッシブ・メタル  変拍子  コンセプト・アルバム 

 

投稿者: 2010-12-12-Sun

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。