SEARCH


ARTISTS


アルバム検索


人気のレビュー


RSS


ARCHIVES


>
2011年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

投稿者: -----------

THE GATHERING / Home

THE GATHERING / Home 2006 NETHERLAND
THE GATHERING / Home1. Shortest Day
2. In Between
3. Alone
4. Walking Hour
5. Fatigue
6. Noise Severe
7. Forgotten
8. Solace
9. Your Troubles Are Over
10. Box
11. Quiet One
12. Home
13. Forgotten (Reprise)


オランダのアンビエント・ロック・バンド(元ゴシック・メタル)THE GATHERINGのアネク・ヴァン・ガースヴァーゲン(Vo)在籍ラスト・アルバムHome。
このバンドの場合、徐々に音楽性を変化させていったので自分もスムーズに馴染むことができたと思う。なによりアネクの歌が時代を問わず最高。’95年の「MANDYLION」に始まるゴシックの頃は女帝のような威厳と格調に満ちた歌いっぷりで。そしてこのHOMEを含む近作では母性をも感じさせる慈愛に満ちた優しくなめらかなテイストも漂わせて。表現力では当代No.1だと思います、個人的に。#3,#4,#7あたりを聴いてるとうっとりします。全体のサウンドもゴシック期から持っていたクールな物悲しさをエレクトロニックな装飾を使用してシンプルに、それでいてより深く表現できており、アネクの今の歌唱とも相性抜群。
個人的に彼らのピークは3回あったと思う。
まずゴシックな「MANDYLION」。
次にゴシック&アンビエントな「IF THEN ELSE」。
そしてこの「HOME」。
もはや初期のサウンドとは全然違うが根底に流れるムードは変わらないんだよなー。
アネクの脱退は残念だが、今後もバンド・アネク共に引き続き自らの目指す音楽を追求して言って欲しい。

アマゾンで買う

フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: ゴシック・メタル  女性ボーカル  ヨーロッパ  2000年代 

 

投稿者: 2011-06-30-Thu

WITHIN TEMPTATION / The Unforgiving

WITHIN TEMPTATION / The Unforgiving 2011 NETHERLANDS
WITHIN TEMPTATION / The Unforgiving1. Why Not Me
2. Shot In The Dark
3. In The Middle Of The Night
4. Faster
5. Fire And Ice
6. Iron
7. Where Is The Edge
8. Sinéad
9. Lost
10. Murder
11. A Demon's Fate
12. Stairway To The Skies



オランダのゴシック・メタル・バンドWITHIN TEMPTATIONの5thアルバムThe Unforgiving。

試行錯誤の1st、ケルトに活路を見出しスケールの大きなサウンドに進化した2nd、壮麗なオーケストレーションを施し独自のゴシック・メタルを完成させたた3rdとそのスタイルを継承した4th、と順調にキャリアを重ねシーンの頂点に君臨するに至ったWHITHIN TEMPTATION。
前作で感じた「これ以上完璧なモノがまだ創れるのか?」という危惧にも似た疑問に対する回答がこの5thアルバム。
その回答は意外なものでした。
まず商売的には、オリジナルのコミックに基いたストーリー仕立て、という楽曲ダウンロード時代でのCD販売を見据えた斬新なメディアミックス手法。
そして音楽的には、シャロン・デン・アデル(Vo)の異常なまでにしゃくり度合いを増したワイルドな歌唱法や、 これまでは存在すらしないかあってもアレンジされたメロディをなぞる程度だったギター・ソロが大幅増量で個性をアピールするなど、普遍的なHR/HMの様式に則った表現を随所に導入。
特にオケの一部と化し没個性にも感じられた存在からの脱却を果たしたギターの存在感は、前作・前々作でのオケ:ギター比率=7:3から4:6くらいにそのシェアを逆転。
壮麗でスケールの大きさをも感じさせる一方で作り込み感も高かったスタイルから、身近で少々ラフなスタイルへと、サウンドの質感に大きな変化をもたらしています。かといってシャロンの表現力に陰りは無く、メロディの質は相変わらず高いので、もはや質の問題では無く単に好きか嫌いかだけでしょう。
個人的には、溌剌としたシャロンも良いですが、"Forsaken"(The Silent Force)などのような清廉なソプラノ・ヴォイスをもっと聴きたかった。
次はどう出てくるんでしょうか?
WITHIN TEMPTATIONの作品レビュー


アマゾンで買う



プログレやHR/HM(ハード・ロック/ヘヴィ・メタル)のレビュー ☆千一夜☆の深い森



フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: 女性ボーカル  2010年代  ヘヴィ・メタル  ゴシック・メタル  コンセプト・アルバム 

 

投稿者: 2011-06-11-Sat

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。