SEARCH


ARTISTS


アルバム検索


人気のレビュー


RSS


ARCHIVES


>
2012年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

投稿者: -----------

MOSTLY AUTUMN / Passengers

MOSTLY AUTUMN / Passengers 2004 UK
MOSTLY AUTUMN / Passengers1. Something In Between
2. Pure White Light
3. Another Life
4. Bitterness Burnt
5. Caught In A Fold
6. Simple Ways
7. First Thought
8. Passengers
9. Distant Train
10. Answer The Question
11. Pass The Clock



美声女性ボーカルを擁するシンフォニックなフォーク・ロック・バンドMOSTLY AUTUMNの5thアルバム Passengers。

躍動感ある#1、ブライアン・ジョシュ(G/Vo)の朴訥な歌唱が良くも悪くも印象に残るロックなナンバー#2、と軽快に飛ばすコンテンポラリーな序盤。
一転して#3はヘザー・フィンレイ(Vo)の滑らかな美声が堪能できる叙情バラード。ヴァイオリンとチェロの端整な調べが気品を加えています。
ヘザーの書いた#4,#5は前半のハイライト。トラッド風な#4での優しい歌唱、フォーク・ロックやブルーズ・ロックの影響を感じさせる#5でのレンジの広い力強い歌唱など様々な魅力が堪能できます。#3でのフォークロア調フィドル、#4のフルートなど脇を固める小技も効いています。
荒涼とした中にヘザーの抑えた歌唱が染み入るトラッド風な#6。ラストのシンセによるシンフォニックな叙情リフレインも聴き所。
転調による場面転換が劇的なコンテンポラリー・チューン#7。
壮大に盛り上がるバラード#8。
ゲストのトロイ・ドノックリーが奏でるイリアン・パイプなどのエスニックな音色がアクセントとなったインスト#9。
ピアノのアルペジオとジョシュのお経ボーカルによる2コーラス目Aメロが何となく初期THEATRE OF TRAGEDYみたいなゴシック・メタル風な#10。サビでのヘザーの美麗歌唱とラストの叙情リフレインがドラマティック。
#11は3部構成。ジョシュとヘザーがデュエット、ホイッスルやイリアン・パイプの味付けが素敵なフォーク・チューンのPart1。アップ・テンポに疾走する中、イリアン・パイプとヴァイオリンのソロが郷愁を誘いつつもカッコ良いPart2。ダンス・チューンを現代的に解釈した開放的なPart3。

現代的な音像に、トラッドやケルト的フォークロア風味、クラシック・ロックなどの影響を巧みにミックスさせた、素朴ながらもドラマティックなアルバム。ヘザーの表現力抜群な歌唱も素晴らしいです。
MOSTLY AUTUMNのレビュー


アマゾンで買う



プログレやHR/HM(ハード・ロック/ヘヴィ・メタル)のレビュー ☆千一夜☆の深い森



フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: プログレ  女性ボーカル  2000年代  シンフォニック 

 

投稿者: 2012-06-10-Sun

BIG BIG TRAIN / English Electric (Part One)

BIG BIG TRAIN / English Electric (Part One) 2012 UK
BIG BIG TRAIN / English Electric (Part One)1. The First Rebreather
2. Uncle Jack
3. Winchester From St Giles' Hill
4. Judas Unrepentant
5. Summoned By Bells
6. Upton Heath
7. A Boy In Darkness
8. Hedgerow


BIG BIG TRAINの7thアルバムEnglish Electric (Part One)。

緊張感あるギターのアルペジオ・リフから、小刻みなリズムをフックとするブリッジを経て開放的なサビに移行する#1。モチーフのメロディをベースにした終盤のシンセ・ソロがプログレの王道を行きつつ、フルートの陰影や重厚なストリングス・セクションが随所で効いた素晴らしいシンフォニックなオープニング・ナンバー。
リコーダーやバンジョーなどがもたらすほのぼのとした雰囲気に、かすかなペーソスを織り込んだ田園フォーク風ナンバーの#2。ボーカル・パート冒頭の歌い回しをはじめ、全体的にGENESISの小品っぽい上品な英国風味に仕上がってます。
ロマンティックなフルートにジャジーでクールなヴァース、一転してサビはストリングス・セクションをバックに叙情で覆い尽くす#3。清楚でリリカルなフルートからギター・ソロへ徐々に盛り上がるインスト・パートもドラマティック。
3+3+3+2、3+3+3+4に続き3+2、そしてサビは3拍子に移行。テンポは変わらずも、拍子の変化で緩急を付けた頭脳的なナンバー#4。ロジカルな構造に反して、親しみやすいボーカル・メロディ、中間部の叙情フルート、後半のドラマティックな盛り上がりなど、エモーショナルな聴感を残すあたり、ソングライティングはもはや名人芸。
ピアノにヴァイオリンが絡む清楚なヴァース、メロトロンをバックにした希望的なサビ、ニック・ディヴァリージオ(Dr)のドラミングが牽引する熱いパート、トランペットをはじめ金管がまろやかな印象を残す終盤など、起伏に富みつつも落ち着いたトーンで静かな感動を呼ぶ#5。
アコギのアルペジオ、バンジョーに滑らかなフィドル、アコーディオンなどによる淡い色調のフォーク・ナンバー#6。
#2の主人公(元炭鉱夫のジャックおじさん)が再登場し若い頃の経験を語る#7。テンポアップしたインスト・パートでのスタイリッシュなヴァイオリン・ソロがカッコ良い。
弾むようなパートと、メロトロンが軋むスリリングなインスト・パートに続く叙情ヴァイオリンによる明暗のコントラストが最高な#8。

近代の実話や身近な人物の逸話などをテーマに、ジェントルな重層コーラスや豊富な管弦ゲスト陣を活用してのドラマティックでシンフォニックなアレンジを施した英国テイスト満載の逸品。
暗くて湿っぽい工業地帯やのどかな田園風景など、英国の様々な情景が広がってきます。


アマゾンで買う

フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: プログレ  イギリス  2010年代  シンフォニック  変拍子  コンセプト・アルバム 

 

投稿者: 2012-06-08-Fri

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。