SEARCH


ARTISTS


アルバム検索


人気のレビュー


RSS


ARCHIVES


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

投稿者: -----------

COMUS / First Utterance

COMUS / First Utterance 1971 UK
COMUS / First Utterance1. Diana
2. The Herald
3. Drip Drip
4. Song To Comus
5. The Bite
6. Bitten
7. The Prisoner


英国アシッド・フォーク COMUSの1st。アコギ、フルート、オーボエ、ヴァイオリン、ヴィオラ、パーカッションと全てアコースティック楽器で繰り広げられる、呪術的で土着的でいながらドリーミーでメロディアスな暗黒フォーク。どこまでが計算でどこまでがクスリの効果なのか判然としないが、全編に漂うテンションの高さは相当です。白眉は#2。中間部のアコギ・ソロが深遠な暗黒ムードを醸し出し、オーボエやヴァイオリンがインプロビゼーションで絡み、終盤は妖しくも儚げな女性ボーカルがメロディを紡ぎます。これがこの世のものとは思えない美しさ。完全にイッっちゃってる男性ボーカルと軋むヴァイオリン、女性ボーカルの超高音スキャットがトライバルなパーカッションによるビートに乗って踊り狂う#3。2本のアコギによるアンサンブルと男女ボーカルのユニゾン、フルートとヴァイオリンのハーモニーによる緻密で理性的な構築美と、土着ビートとイカれた男性ボーカルによる本能の叫びが奇跡の融合を見せるテーマ・ソング#4。意外と整合性あるアレンジで一気に畳み掛ける#5でのフルートの新鮮なフレージング。アヴァンギャルドなインスト#6。牧歌的とも言える展開から土着パーカッションに導かれ狂気のシャウトで盛り上がる#7。これら狂気の暗黒フォークがなぜか心地良く感じられるんですよね。大脳皮質の奥に宿る人間の根源的な蛮性や純粋な美しさへの憧れが呼び覚まされるかのようです。
COMUSの作品レビュー
アマゾンで買う


プログレやHR/HM(ハード・ロック/ヘヴィ・メタル)のレビュー ☆千一夜☆の深い森

TOPページへ


フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: プログレ  女性ボーカル  サイケ  フォーク  イギリス  1970年代 

 

投稿者: 2009-09-19-Sat

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。