SEARCH


ARTISTS


アルバム検索


人気のレビュー


RSS


ARCHIVES


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

投稿者: -----------

OPETH / My Arms, Your Hearse

OPETH / My Arms, Your Hearse 1998 SWEDEN
OPETH / My Arms, Your Hearse1. Prologue
2. April Ethereal
3. When
4. Madrigal
5. Amen Corner
6. Demon of the Fall
7. Credence
8. Karma
9. Epilogue


マーティン・メンデス(B)とマーティン・ロペス(Dr)が加入し、OPETH中期の黄金ラインナップが揃った3rdアルバムMy Arms, Your Hearse。
メロディック・デス・メタル界の名プロデューサーフレドリック・ノルドストロームをプロデューサーに迎え、サウンド、ソングライティング、ムード全てが大幅にレヴェル・アップ。ヘヴィネスと静謐が複雑に入り組みながらも、全体としての調和がイマイチだった前作までとは打って変わり、清濁・緩急が有機的に結びつき、サウンド面の向上も相まってOPETHのスタイルがここに完璧に完成。威厳あふれるミカエル・オーカーフェルト(G/Vo)のデス・ヴォイスや格調高くも冷え冷えとした妖しいコーラスが、初期の単音からコードワーク中心へと変遷してきたブ厚いプログレッシブ・ヘヴィ・リフと完全に一体化。驚異的な音の壁が轟然と攻め込んでくるかのような迫力が漲っています。前作までが散発のゲリラ戦法だとしたら、まさに今作は陸海空の三軍共同戦線による怒涛の進軍という感じ。#6なんて極限まで禍々しいリフの曲なのに、妖しいアコギパートと終盤のメロディアスなフォーク調のパートの存在によって一種の神々しささえ湛えた楽曲にまで高められている。そして#8の1分過ぎ、クリーンなコーラスからの展開がもうトリ肌。これぞOPETHな恍惚の場面転換。これがねー、病みつきになるんですよ。#7のようなムーディなフォーク曲も単なるクールダウン以上のクオリティで、ミカエルのクリーン・ヴォイスが堪能できます。

アマゾンで買う

関連記事
フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: プログレ  ヘヴィ・メタル  プログレッシブ・メタル  北欧  1990年代 

 

投稿者: 2009-09-21-Mon

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。