SEARCH


ARTISTS


アルバム検索


人気のレビュー


RSS


ARCHIVES


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

投稿者: -----------

IT BITES / Eat Me in St. Louis

IT BITES / Eat Me in St. Louis 1989 UK
IT BITES / Eat Me in St. Louis1. Positively Animal
2. Underneath Your Pillow
3. Let Us All Go
4. Still Too Young to Remember
5. Murder of the Planet Earth
6. People of America
7. Sister Sarah
8. Leaving Without You
9. Till the End of Time
10. Ice Melts Into Water
11. Charlie


英国プログレッシブ・ロックバンドIT BITESの3rd。
日本盤とUK盤は曲順が違ってて、日本盤では爽やかなコーラスからキリモミのように雪崩れ込む#7がトップだったので、UK盤の#1から始まるというセンスはさすがひねくれた英国と妙に納得。続く#2もクールな佇まいが英国っぽくて良いですね。新作でもジョン・ベック(Key)が相変わらずセンス良いサウンド・メイキングを聴かせてますが、この#2はRolandの名機SUPER JXのチェイス機能(簡易ディレイみたいなやつ)を使用したイントロのフレーズが印象的ですね。その他の曲でも奇才フランシス・ダナリー(G,Vo)のアクの強いVoやハード・ロッキン且つ変態ちっくなギターに負けじと、というか逆に上手くバランスをとるように多彩なフレーズとテクノロジーを駆使した音色で楽曲をトータルでコーディネイトしてます。良いコンビだったなぁ、としみじみ思いますね。それと、このアルバムで際立つのがボブ・ダルトンのビッグなドラム。リズムを強調した#1から始まり、#5や音の隙間にZEPPELINのようなグルーヴをも感じさせる#9などはドラム中心にハード・ロックしてます。他にも、微妙にレイヤーがクロスフェードするキラキラ・シンセのオブリガードが気持ち良い思索ナンバー#6、スケールの大きな展開からRolandのハイブリッド・シンセD-50のパンフルートそのままの音色で泣けるシンセ・ソロを奏でる#8(終盤はフランシスによるタッピングの嵐!)、曲名通り怜悧なシンセ・サウンドが導く#10、フランシスがディレイを使用して一人二重奏を聴かせるラストのインスト#11など全曲名曲。ジャケット・アートは、かのロジャー・ディーン

IT BITESの作品レビュー





アマゾンで買う


プログレやHR/HM(ハード・ロック/ヘヴィ・メタル)のレビュー ☆千一夜☆の深い森

TOPページへ


関連記事
フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: プログレ  イギリス  1980年代    ポップ  ロジャー・ディーン 

 

投稿者: 2009-08-30-Sun

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。