SEARCH


ARTISTS


アルバム検索


人気のレビュー


RSS


ARCHIVES


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

投稿者: -----------

ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA / Eldorado

ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA / Eldorado 1974 UK
ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA / Eldorado1. Eldorado Overture
2. Can't Get It Out Of My Head
3. Boy Blue
4. Laredo Tornado
5. Poor Boy (The Greenwood)
6. Mister Kingdom
7. Nobody's Child
8. Illusions In G Minor
9. Eldorado
10. Eldorado Finale


この頃のロック・バンドが良くやってた(今でもやってるけど)オーケストラとの共演では無く、”オーケストラをロック・バンドに取り込む”というコロンブスの卵的発想でユニークなサウンドを創出したELECTRIC LIGHT ORCHESTRAの全米16位となった4thアルバムEldorado。
70年代後半にメガヒットPOPバンドへと変貌するELECTRIC LIGHT ORCHESTRAのプログレっぽい姿を納めたコンセプト・アルバムです。編成は天才ジェフ・リン(G/Moog/Vo)を中心とした4ピースのロック・バンド+チェロ2名、ヴァイオリン1名という大所帯。

スペイシーなSEとディズニーのようなメルヘンちっくなオープニングからストリングス・セクションの下降フレーズが壮大なドラマを予感させる序曲#1で幕を開け、しっとりしたストリングスをバックにした#2のピアノによるゆるやかなイントロ。もうこの部分だけでワクワクしますね。
ブラス・セクションのファンファーレをあしらった#3では弦のピチカートが印象的です。そこに自然にエレピやディストーション・ギターが絡むこのアレンジ。現代では当たり前かも知れませんが、当時これは画期的だったでしょうね。
エレキギターのハーモニーが哀愁を誘う#4でもチェロのオブリガードが効いてます。ファルセットを上手く使ったサビの歌唱も抜群のメロディと相まって超キャッチー。それでいてヴァースではラフでロックな雰囲気のヴォーカルも渋く聴かせてます。
#3のファンファーレが再び登場する#7は英国っぽいペーソスも感じさせる佳曲で、ホンキートンクなピアノ・ソロが良い感じです。
元気でロックン・ロールな#8と続き、胸キュンで雄大なサビが物語の終焉が近い事を悟らせて胸を熱くさせる#9でクライマックスに。
そしてエキゾチックな終盤でしんみりさせて#10では#1のオーバーチュアがリプライズされ圧巻のフィナーレを迎えます。

全曲が切れ目無く繋がり、様々な音楽的要素を盛り込んで物語を紡ぎつつも弦のアンサンブルが統一感をもたらし、ムーグやエレキ・ギターも包み込むようにしてサウンドを構成しているこのアルバム。オーケストラ・アレンジは後にOZZY OSBOURNEの2ndアルバムDiary of a Madman のタイトル曲でゴシカルなストリングス・アレンジを担当するルイス・クラークという所も要チェック・ポイントです。

アマゾンで買う

関連記事
フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: プログレ  イギリス  1970年代  ポップ  コンセプト・アルバム 

 

投稿者: 2009-01-23-Fri

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。