SEARCH


ARTISTS


アルバム検索


人気のレビュー


RSS


ARCHIVES


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

投稿者: -----------

THEATRE OF TRAGEDY / Theatre of Tragedy

ノルウェーのゴシック・メタル・バンドTHEATRE OF TRAGEDYの1995年1stアルバム


THEATRE OF TRAGEDY / Theatre of Tragedy 1995 NORWAY
THEATRE OF TRAGEDY / Theatre of Tragedy1. Hamlet for a Slothful Vassal
2. Cheerful Dirge
3. To These Words I Behold No Tongue
4. Hollow-Hearted, Heart-Departéd
5. ...A Distance There Is...
6. Sweet Art Thou
7. Mire
8. Dying - I Only Feel Apathy
9. Monotone


男女ボーカル、G×2、リズム隊にキーボードという大所帯7人組。
ミディアム・スロー・テンポを中心とした暗鬱かつヘヴィなバッキングにレイモンド・ロホニー(Vo)のデス声とリヴ・クリスティン(Vo)嬢のエンジェリック・ヴォイスが美醜の対比をなしながら乗っかるゴシック・メタル王道サウンド。
楽曲構成力やアレンジの練りはまだまだながら、リヴ嬢の歌声だけは既に究極。
後年と比較するとやや線が細く単なる雰囲気用の添え物と化している場面もあるが、それがかえって儚さを倍増させる要因となっています。
9分近い大作#5ではリリカルなピアノと弦、そして欧風フォークロア由来のような独特の切ないボーカル・メロディのみで耽美な世界を構築。アルバムのハイライトとなっています。

アマゾンで買う


関連記事
フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: 女性ボーカル  ヘヴィ・メタル  ゴシック・メタル  北欧  1990年代 

 

投稿者: 2008-09-27-Sat

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。