SEARCH


ARTISTS


アルバム検索


人気のレビュー


RSS


ARCHIVES


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

投稿者: -----------

FROST / Experiments In Mass Appeal

FROST / Experiments In Mass Appeal 2008 UK
FROST / Experiments In Mass Appeal1. Experiments In Mass Appeal
2. Welcome To Nowhere
3. Pocket Sun
4. Saline
5. Toys
6. You/I
7. Falling Down
8. Dear Dead Days
9. Wonderland


衝撃のデビュー・アルバム(Milliontown 2006年)に続く英国プログレ・バンドFROSTの2ndアルバムExperiments In Mass Appeal。
メンツは中心人物であり売れっ子プロデューサーでもあるジェム・ゴドフライ(Key)、再結成IT BITESでも活躍中のジョン・ミッチェル(G/Vo)、ジョン・ジョイト(B)とアンディ・エドワーズ(Dr)という英国プログレ・バンドIQのリズム隊コンビ、とここまでは1stと同様。2ndではさらにインディーズ・プログレ・バンドDARWIN'S RADIOのデクラン・バーク(G/Vo)も参加。このデクラン・バーク。スペシャル・エディションに収録のクリスマス・セッションでも確かなテクニックを見せ付けてます。アルバムのオープニングは鮮烈な印象だった1stから一転。今回はいきなりの思索路線。そう来たかと思わせといて、お待ちかねFROSTの代名詞とも言えるズ太いユニゾン・リフも#2で登場。ミステリアスな序盤からスケールの大きなサビを持つこの楽曲においても強力なフックとなっています。突き抜け切らない高揚感(英国モノはこのサジ加減が大事!)を持つ#3のサビは思わず肩が揺れる程POPでグルーヴィ。その後の変態的アンサンブルとの落差が又効いてます。シンセによるディストーションギター風単音メロディに導かれ、怒涛のシンフォニックな音のシャワーに突入する#5の冒頭。これは快感です。ポルタメントを効かせたシンセの高速分散和音アルペジオが興奮に追い討ちをかけます。楽曲自体はジェムお得意のデジタルグルーヴを活かしたコンテンポラリーなものですが、POPなメロディにヘヴィネスとクラブ/ダンス方面のエッセンスを加えたこのセンス・・・・ありきたりなプログレ・メタルを初めとしてプログレの”型”を”再現”するだけのバンドなら腐るほど居るが、FROSTのような真にプログレスするサウンドを聴かせるバンドは他に見当たらないんじゃないでしょうか?名盤だった1stのハードルを軽々と越えて、楽曲のバリエーションも豊富になったこの2ndアルバム。もう既に次が待ちきれないですね。それか、来日してくれないかな?う~ん、無理だろうな~。ステンドグラスや人の瞳にトランプのマーク、とFROSTのシンボルがそこかしこに配された16Pブックレットの写真が楽しいです。こういった細かい部分にプログレ・ファンの気持ちを良く理解したバンドの姿勢を感じます。
スペシャル・エディションは見開き3面デジパック仕様でDVD付き。DVDはユーモアたっぷりにレポートするJem Godfrey撮影・編集による、2時間以上ものアルバムの制作状況ドキュメントやクリスマスセッションを収録。ドキュメントではRoland FANTOM-XやFANTOM-Gなど最新シンセやKORG POLY-800にRolandのリズムボックスCR78などヴィンテージ機材を嬉しそうにいじくるJem Godfreyの姿とともに、最新DAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション:MIDIとオーディオを融合したプロ・トゥールスのようなデジタル制作環境)を使用してのサウンドメイキングの過程が見れたりと興味がそそられます。何気ないメロディラインに実は幾層にも目立たない音色のメロディラインが隠されていたりなんかして、宅録やアレンジやってる人は興味深く見れると思います。

アマゾンで買う


関連記事
フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: プログレ  イギリス  2000年代  変拍子  テクニカル 

 

投稿者: 2009-10-02-Fri

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。