SEARCH


ARTISTS


アルバム検索


人気のレビュー


RSS


ARCHIVES


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

投稿者: -----------

ILLUSION / Enchanted Caress

ILLUSION / Enchanted Caress 1996 UK
ILLUSION / Enchanted Caress1. Nights in Paris
2. Walking Space
3. Man Who Loved the Trees
4. Getting into Love Again
5. As Long as We're Together
6. Slaughter on Tenth Avenue
7. Living Above Your Head
8. Crossed Lines
9. You Are the One
10. All the Falling Angels
11. Roads to Freedom
12. Face of Yesterday


英国の叙情フォーク/プログレッシブロック・バンド ILLUSIONが2ndアルバムIllusion発表後にレコーディングした作品で解散後にリリースされた未発表曲集。
70年代末の時代を反映してか、従来のくすんだ叙情フォーク路線からPOPでコンテンポラリーなAOR路線への転換を探っていた様子も。全体的にヴォーカルはジム・マッカーティ(Dr/Vo)がメインの物が多く、小粒ながらもメロディにキラリと光るものがある穏やかなムードの楽曲が並んでいます。そんな中、#3はジョン・ホウクン(Key)のピアノとジェーン・レルフ(Vo)の歌唱が美しい叙情ナンバー。#6は枯れた感じのエレキ・ギターがメロディを紡ぐ、小品ながらもドラマティックなインスト。(フェードインで始まりフェードアウトで終わっているので、デモの段階で残されたものかも)ジェーンの歌唱がAORタッチの楽曲で活かされた#9。等々、アクセントとして配された楽曲がナイス。#10は故キース・レルフ(Vo/G)の最後のレコーディングとなったフォーク・ロック曲。ほんのり叙情味の楽曲にメロトロンの湿り気も加わり、キースの味のある歌唱を包み込んでいます。
ILLUSIONの作品レビュー


アマゾンで買う



プログレやHR/HM(ハード・ロック/ヘヴィ・メタル)のレビュー ☆千一夜☆の深い森

TOPページへ


関連記事
フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: プログレ  メロトロン  女性ボーカル  イギリス  1990年代 

 

投稿者: 2009-10-29-Thu

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。