SEARCH


ARTISTS


アルバム検索


人気のレビュー


RSS


ARCHIVES


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

投稿者: -----------

THIN LIZZY / Black Rose A Rock Legend

THIN LIZZY / Black Rose A Rock Legend 1979 Ireland
THIN LIZZY / Black Rose A Rock Legend1. Do Anything You Want To
2. Toughest Street in Town
3. S&M
4. Waiting for an Alibi
5. My Sarah
6. Got to Give It Up
7. Get Out of Here
8. With Love
9. Roisin Dubh (Black Rose): A Rock Legend


アイルランドの無法者ハード・ロッカーTHIN LIZZYの1979年9th。
脱退したブライアン・ロバートソン(G)の後任としてSKID ROW(後年のアメリカのバンドとは同名異バンド)でフィル・ライノット(Vo/B)と同じ釜の飯を食ったアイリッシュ ゲイリー・ムーアが加入。ジャズ・ロックバンドCOLOSSEUM Ⅱで頭角を現していたゲイリーの正式加入によりTHIN LIZZYのトレードマークであるツイン・リードギターがよりテクニカル&パワフルに変貌しました。ブライアン・ダウニー(Dr)のヘヴィなツーバスによるゴキゲンな3連ビートが牽引する#1では美しいハーモニーをスコット・ゴーハム(G)と大人しく奏でてますが、元気なハード・ロック・ナンバー#2ではクレイジーに暴れまくってます。 ファンキーな#3を挟み、ギターキッズがみんなコピーしたツイン・リードの名曲#4へ。当時としてはハイテクで美しいハーモニーがキッズのハートを鷲づかみ。終盤のトリルをハモった時の快感ときたら・・・それはもう恍惚の一瞬。印象的なソロはスコットです。ゲイリーのペンによるコンテンポラリーなポップス#5では、転調を絡めたソロ・ワークにただのクレイジーだけでは無い非凡な音楽センスも感じさせます。そしてアナログB面トップはハモるメロディアスなリフとブルージーな佇まいが痺れる#6。中間のソロはスコットで終盤はゲイリー。キッチリとした譜割りのスコットにヴィブラートがエモーショナルなゲイリーとそれぞれの個性が滲み出ています。ULTRA VOXのミッジ・ユーロの書いた快活なハード・ロックの#7ではユーモラスなパートも交えつつ、ギター・ソロは2人で熱くバトル。メロウな#8ではゲイリーのオブリガードがセンス良く琴線に触れてきます。メロディアスで流麗なソロはゲイリー。1音半チョーキングが咽び泣いています。ラストの#9はアイリッシュの誇りを感じさせる大作。7拍子に乗ったケルト民謡のようなメインリフに、ダニーボーイやワイルド・マウンテン・タイムといった本物のアイルランド民謡をセンス良く配合したインストパートが雄大でメロディアス。ゲイリーが後のソロ・アルバムでも度々覗かせるケルト風味はこれが最初なんじゃないでしょうか。スリリングでテクニカルなツイン・ギターによるクライマックスから、メイン・リフになだれ込む終盤でのブライアンのドラミングにゲイリーのチョーキング・ヴィブラートがもう興奮の嵐。ジャケットもナイスな名盤中の名盤です。
THIN LIZZYの作品レビュー


アマゾンで買う



プログレやHR/HM(ハード・ロック/ヘヴィ・メタル)のレビュー ☆千一夜☆の深い森

TOPページへ


関連記事
フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: ハード・ロック  イギリス  1970年代  ギター・ヒーロー 

 

投稿者: 2009-11-21-Sat

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。