SEARCH


ARTISTS


アルバム検索


人気のレビュー


RSS


ARCHIVES


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

投稿者: -----------

SANDY DENNY / The North Star Grassman and the Ravens

SANDY DENNY / The North Star Grassman and the Ravens 1971 UK
SANDY DENNY / The North Star Grassman and the Ravens1. Late November
2. Blackwaterside
3. The Sea Captain
4. Down In The Flood
5. John The Gun
6. Next Time Around
7. The Optimist
8. Let's Jump The Broomstick
9. Wretched Wilbur
10. The North Star Grassman And The Ravens
11. Crazy Lady Blues


FAIRPORT CONVENTION、FOTHERINGAYを経た英国フォークの歌姫 サンディ・デニー(Vo)の1stソロ。
元FAIRPORT CONVENTIONのリチャード・トンプソン(G)がサンディと共に共同プロデュース。その他、夫のトレヴァー・ルーカス(G)等のサポートで制作。
サンディ自らプレイするピアノとリチャード・トンプソンの枯れたトーンのギター・ソロが味わい深い、哀愁のフォーク・ナンバー#1。LED ZEPPELINの"Black Mountain Side"とルーツを同じくするトラッドのアレンジ#2。トラッドな香り漂う優しいメロディのフォーク#3。ディランのカヴァー#4。ヴァイオリンをフィーチャーしたトラッド風ナンバー#5。幽玄なストリング・セクションを絡め、しっとりと聴かせる#6。リラックスしたムードの#7。楽しいロックン・ロール#8。ストリングス・セクションがエキゾチックなテイストを醸しだす#9。トラッドと叙情味が融合、足踏みオルガンの素朴な音色が印象的なタイトル・トラック#10。サンディがダブル・トラックで自ら重ねたハーモニーが美しい#11。等々、FAIRPORT CONVENTIONにサンディが初めて参加した"Unhalfbricking"で見せた、トラッド/ボブ・ディランのカヴァー/オリジナル、といった雑多な要素をよりコンテンポラリーなテイストで再現したような作風。
様々な表情を見せるサンディ絶品の歌唱が素晴らしいのは勿論ですが、#6、#9で導入されたストリングスやバックを固めるプレイヤー達のツボを押さえた熟練のプレイから成るアレンジが、渋めながらもここぞという時にはしっかり主張してフックとなっており楽曲の印象を深めています。英国的な静かな情緒を湛えたキーフによるジャケット・アートも素晴らしいです。
SANDY DENNYの作品レビュー
アマゾンで買う


プログレやHR/HM(ハード・ロック/ヘヴィ・メタル)のレビュー ☆千一夜☆の深い森

TOPページへ



関連記事
フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: 女性ボーカル  フォーク  キーフ  イギリス  1970年代 

 

投稿者: 2010-01-31-Sun

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。