SEARCH


ARTISTS


アルバム検索


人気のレビュー


RSS


ARCHIVES


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

投稿者: -----------

EMERSON LAKE & PALMER / Emerson Lake & Palmer

EMERSON LAKE & PALMER / Emerson Lake & Palmer 1970 UK
EMERSON LAKE & PALMER / Emerson Lake & Palmer1. Barbarian
2. Take a Pebble
3. Knife Edge
4. The Three Fates
5. Tank
6. Lucky Man


キース・エマーソン(Key)擁する英国キーボード・トリオ、EMERSON LAKE & PALMERの1st。この当時、オルガンを主体にしたロックというアイディアは誰しも考え付いたと思うが、それをギターレス(レコーディングではオーバーダブされているが)でのトリオでやってのけた事こそ、このバンドの勝因であろう。折りしもモーグ・シンセサイザー等の新しい機材の登場もあり、それをいち早く導入したばかりか既に模範的な演奏を聴かせているという先見性も注目に値すると思う。全編に渡りキース・エマーソンによるクラシックやジャズを背景にしたセンスとそれを具現化するピアノ、シンセ、オルガン(ハモンドとロイヤル・フェスティバル・ホールのパイプ・オルガン)のプレイが中心ではあるが、グレッグ・レイク(B/Vo)のメロディと美声が冴え渡る#6、カール・パーマー(Dr)のドラム・ソロを配した#5、等々、この1stでは3人それぞれをフィーチャーする曲も目立ち、アルバムの構成としてははっきり言って散漫な印象も。メンバー個々の名詞代わりの1発的位置付けという意味では分かり易い仕上がりになってますけどね。でも、やっぱりバンド・サウンドとして完成度の高いアンサンブルを見せ付ける、ダーティ・オルガンのリフがヘヴィな#3が好きですね、1番。中間部のクラシカルな展開がもたらす落差も、印象的なフックとなってます。EMERSON LAKE & PALMERの作品レビュー
アマゾンで買う


プログレやHR/HM(ハード・ロック/ヘヴィ・メタル)のレビュー ☆千一夜☆の深い森

TOPページへ


関連記事
フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: プログレ  イギリス  1970年代 

 

投稿者: 2009-09-04-Fri

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。