SEARCH


ARTISTS


アルバム検索


人気のレビュー


RSS


ARCHIVES


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

投稿者: -----------

THE FLOWER KINGS / Unfold the Future

THE FLOWER KINGS / Unfold the Future  2002 SWEDEN
THE FLOWER KINGS / Unfold the FutureDISC 1
1. Truth Will Set You Free, The
2. Monkey Business
3. Black And White
4. Christianopel
5. Silent Inferno
6. Navigator, The
7. Vox Humana
DISC 2
1. Genie In A Bottle
2. Fast Lane
3. Grand Old World
4. Soul Vortex
5. Rollin The Dice
6. Devils Danceschool,The
7. Man Overboard
8. Solitary Shell
9. Devils Playground


スウェーデンのプログレッシブ・ロック・バンドFLOWER KINGSの7thは待望の2枚組。

いきなりDISC 1冒頭の#1からシンフォニックな30分超大作。シンセの音色センス、ギターの繊細なトーン、メロディックでまろやかなフレットレスベースが渾然一体となりドラマティックな世界を構築。アバンギャルド寸前のスリリングなパートや静寂パートもあり、初期の名作に目白押しだった要素が復活。
いかにもプログレなシンセによるリフが楽しめる#3も、ヨナス・レインゴールド(B)のベースが大活躍。リード・ベースと言っても良いくらい気持ち良くメロディアスに暴れまわってます。
ヘヴィで妖しい雰囲気とファンタジーが同居した#5は後半サンバ?で盛り上がるなど、やりたい放題。でもこのハチャメチャぶりが良いんですよ。

DISC 2もバリエーション豊かにキテます。
#1は得意のヒネクレた変拍子ロカビリー?をバックにスプリング・リバーヴ風のロイネ・ストルト(G/Vo)節が炸裂。ファンタジックなパートも無理なく盛り込んである所が彼ららしいですね。ネバりのある生々しいギターも最高。
ハッセ・フロベリ(Vo)の歌唱が爽やかな#2、DISC 1冒頭のパーカッションが顔を出し、アダルトなサックスがムードを盛り上げるバラードの#3、即興インストの#4ときて、ダーティなオルガンがGOODな#5ではPain of Salvationからゲスト参加のダニエル・ギルデンロウが悪魔役のボーカルで登場。妖しいムードから連なるサビメロの蕩け具合ときたら・・・終盤のオルゴールのような演出も良いですね。
フリーキーなセッション#6に続くのがファンタジックなイントロからしてただ事ではない#7。ウットリしちゃう叙情メロディが突然変態ジャジーに変化するのも意外性抜群でノックアウトですね。左CHのメロトロン風なかぼそいストリングスもナイス。
ピアノやオルガンをバックに朗々と歌い上げるメロディが美しい小品#8を挟んで#9は25分超えのドラマティックな長尺曲で締めてます。得意の5拍子リフで畳み掛けるインスト部と美しすぎるサビを持つ歌部分の対比が見事。ヨナスのフレットレス・ベースによるオブリガードも効いてます。(フレーズが若干ワンパターンっぽい気も^^;)

全体的にVoやGのプレイ面でリーダー ロイネ・ストルトの影がちょっと薄い気もするけど、その分もはや双頭といっても良いくらいのトマス・ボーディン(Key)が素晴らしいです。めちゃテクニカルなのに温かみのある音色選択とユーモアをまぶしたフレージングでサウンドを牽引。又前述のヨナスやゲストVoのダニエル・ギルデンロウといった達者な人たちも居るんで、お任せでもOKっていう所なんでしょうか。それでも勿論、トーン・コントロールが見事な叙情ソロを聴かせる#5等、やる時はやります。
THE FLOWER KINGSの作品レビュー


アマゾンで買う



プログレやHR/HM(ハード・ロック/ヘヴィ・メタル)のレビュー ☆千一夜☆の深い森



関連記事
フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: 北欧  2000年代  プログレ  シンフォニック  変拍子  メロトロン 

 

投稿者: 2010-11-14-Sun

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。