SEARCH


ARTISTS


アルバム検索


人気のレビュー


RSS


ARCHIVES


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

投稿者: -----------

ROINE STOLT / The Flower King

ROINE STOLT / The Flower King 1994 SWEDEN
ROINE STOLT / The Flower King1. The Flower King
2. Dissonata
3. The Magic Circus Of Zeb
4. Close Your Eyes
5. The Pilgrims Inn
6. The Sounds Of Violence
7. Humanizzimo: Twilight Flower/The Messenger/The Nail/Only Human/This Is The Night/The Flower Of Love
8. Scanning The Greenhouse


スウェーデンのプログレバンドKAIPAのギタリスト ロイネ・ストルトのソロ・アルバム。自身がVo,G,B,Keyをプレイ。メロディアス、変拍子シンフォニック、ドラマティック、エキゾチック、時折ロカビリー!という後のフラワー・キングスにも共通する要素がてんこ盛りです。シンフォニックでポジティブなムードで幕を開ける、このアルバムのテーマ曲#1。緊張感ある展開の中、ふと見せるキャッチーなフックが感動的で殺傷力抜群な#2(2:47のあたり)、もう反則ですね。序盤のテクニカルなオルガン・ソロ、終盤のエモーショナルなギター・ソロ、という対比がおもしろいメロディアスなインスト#3。ギターとサックスのユニゾンによるテーマ・メロディがアダルトかつ哀愁の#5、インストながら「巡礼者の宿」というタイトルからの連想もありイメージ膨らむ絵画のような曲です。左CHのメロトロン ・フルートがナイスです。#6は歪んだオルガンによるクラシカルなメロディの3連フレーズがリードするプログレ・ハードなインスト。シンセによるソロやバッキングもセンス良くまとまってます。アルバムの目玉は6パートからなる20分超の#7。#5に通じるアダルトな序盤からロカビリー、叙情、フォークロア等、各パートが個性を放ちつつも壮大な一つのテーマの元に収斂していく壮大な組曲です。ロイネ・ストルト、この人の音楽を聴いていると、いつも何だか旅をしているような気持ちにさせられるんですよね~。
ROINE STOLTの作品レビュー
アマゾンで買う


プログレやHR/HM(ハード・ロック/ヘヴィ・メタル)のレビュー ☆千一夜☆の深い森

TOPページへ


関連記事
フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: プログレ  メロトロン  シンフォニック  北欧  変拍子  1990年代 

 

投稿者: 2009-01-06-Tue

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。