SEARCH


ARTISTS


アルバム検索


人気のレビュー


RSS


ARCHIVES


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

投稿者: -----------

SPOCK'S BEARD / Beware of Darkness

SPOCK'S BEARD / Beware of Darkness 1996 USA
アメリカプログレッシブ・ロック・バンドSPOCK'S BEARDの2ndアルバムBeware of Darknessのレビュー。
SPOCK'S BEARD / Beware of Darkness1. Beware of Darkness
2. Thoughts
3. Doorway
4. Chatauqua
5. Walking on the Wind
6. Waste Away
7. Time Has Come
8. On the Edge(LIVE)


Beware of Darkness 全曲紹介


奇妙でシンフォニックなSPOCK'S BEARDワールドを展開するジョージ・ハリスンのカヴァー#1。
場面転換がミュージカル風で彼ら独特の世界、古めかしいトーンのメロトロンが良い味を出している#2。
テーマフレーズが、瑞々しいピアノ、シンセと曲中に様々な表情で引き継がれ、キャッチーな歌メロとともに展開していく#3。
ニール・モーズ(Key/Vo)による落ち着いた叙情と流麗な演奏が素晴らしい、クラシカルなタッチにコンテンポラリーなセンスをまぶしたアコギのソロ#4。
オルガンがリードする序盤から、爽快でポジティブなムードの歌パート、フレットレス・ベースが浮遊する静かなパートを経てシンフォニックな広がりを見せる#5。
アコギをバックにした内省的な歌モノが、バンド演奏が加わる事でスケール感を増す#6。
随所にユニゾンやハーモニーにる印象的なメロディのフックを配し、何となくレトロなムードで16分超を紡ぎあげていく#7。

奥本亮が加入、バンドとしてのスタイルも確立


日本人キーボーディスト奥本亮が加入、オルガンとメロトロンをプレイ。ライブでのニール・モーズの負担を軽減すると共にバンドとしての表現力もアップ。日本版ボーナス・トラック#8のオルガン・ソロで発揮した個性的なフレージングを本編でも随所に聴かせる。
1stアルバムで見せた演劇的スタイルのSPOCK'S BEARDらしい楽曲展開がますます増量、独特のスタイルが確立されたアルバム。

SPOCK'S BEARD / Beware of Darknessをアマゾンで買う

関連記事
フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: プログレ  アメリカ  1990年代  シンフォニック  メロトロン 

 

投稿者: 2010-10-10-Sun

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。