SEARCH


ARTISTS


アルバム検索


人気のレビュー


RSS


ARCHIVES


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

投稿者: -----------

CARAVAN / In the Land of Grey and Pink

CARAVAN / In the Land of Grey and Pink 1971 UK
CARAVAN / In the Land of Grey and Pink1. Golf Girl
2. Winter Wine
3. Love To Love You (And Tonight Pigs Will Fly)
4. In The Land Of Gray And Pink
5. Nine Feet Underground


カンタベリー・ミュージックの至宝CARAVANの3rdアルバムIn the Land of Grey and Pink。
リチャード・シンクレアの朴訥としたボーカルと少々ひねくれつつも牧歌的なサイケ&フォークでなごませつつ、デイヴ・シンクレアによるファズ・オルガンが強烈な個性を放っています。リリカルなアコギで始まり怒涛のオルガン・ソロを含む7分超の#2や名曲と名高い22分超の#5ではファズ以外にも通常のトーン、ワウをかませたようなトーン等オルガンだけでも何音色も使い分けて若干ジャズ・テイストな長尺曲のインプロビゼーションをスリリングに且つ一気に聴かせます。腕が確かなメンツによるタイトな演奏に加えて、アルバム全編通して程良くマイルドに仕上がった音像なのでゆったり寛いで聴くのにちょうど良い感じですね。英国カンタベリー地方を描いたタイトル通りのジャケも良いです。




アマゾンで買う

関連記事
フォローもよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグリスト: カンタベリー  プログレ  ジャズ・ロック  イギリス  1970年代  名盤 

 

投稿者: 2009-08-29-Sat

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。